希望の轍――サザンオールスターズ

仕事のほうも落ち着いてきて、今日は免許と自立支援医療の更新をしてきました。これで雑務はあらかた片付きました。あとは家の掃除おこたを片付けるくらいです。

 

ビッキー・ホリディです。

 

 

 

職場の後輩曰く、なんですが、どうやら男性には「下ネタがネタとして聞こえる人」とそうでない人がいて、前者の中でも「それでも気持ち悪いと感じる人」とそうでない人に分かれるそうです。

 

ネタで言ってんのに気持ち悪いと思われるとか、もう救いようがないじゃないですか。ですが、その後輩は、僕が言う分には別に平気だそうで。

 

その後輩はある男性に「ちょっと腕触らせて」と言われたそうで、割とガチで引いてしまったようです。なんででしょうね。そのへんの線引きは僕にはわかりません。で、試しに「じゃあちょっと胸揉ませて」と言ったところ、「嫌に決まってるじゃないですか。なに言ってるんですか」と。「『じゃあ』の意味がわかりません」と。真顔で。

 

やっぱりダメじゃねえか。

 

胸ではなく、バストと言ったらよかったのでしょうか。それとももう、ストレートにおっぱいと。そうすればワンチャンあったのでしょうか。ワンチャン(刑事告訴)あったのかもしれません。なくてよかった。

 

まあ、昨今、セクハラだ何ハラだといろいろとうるさい時代なので、男性は気をつけなければいけませんね。何年か前には上司に「あ、鼻血が出てきた……(上司)さんのことを考えてたからでしょうか」「バカじゃないの、なに考えてんの」「そんなこと言えるわけないじゃないですか」と、逆パワハラ正セクハラをしてたもんですが、あれですね、よくもまあ、いまの職場続けてられんなと、寛大な上司には感謝しきりです。

 

ただでさえウチの職場はセクハラだの浮気だの不倫だのと、人間のクズをホウキで掃いてチリトリで集めたようなところなので、首が飛ばなかったのが奇跡です。

 

しかしまあ、セクハラってのも難しいですよね。その女性がどう感じるかで決まるわけですから。たとえばなにか下ネタを言ったとして、その女性がアヘ顔で下半身をガクガクいわせてパンティにシミをつくるくらい感じていたのならセクハラにはならないですが、ちょっとでも「うわ、気持ち悪っ」ってなったらセクハラなんですから。感じ方も人それぞれですしね。「うっ」って感じる人もいれば「あぁっ」って感じる人もいるし……(ツッコミ待ちです)

 

 

 

男性も、正しい下ネタの言い方を学ぶ必要がありますね。正しく言えばこれほど面白いものはありません。まさにハイリスクハイリターンなギャグなわけです。

 

僕は「ウンコ」から始まり「ベッドの中で後悔させるぞ」まで、いままで数々の下ネタを言っては女性たちから引きつった笑いを得てきた、いわば下ネタのスペシャリストなので、今日はちょっとしたコツを書いていこうと思います。

 

まあ、コツといっても、大前提の「ワンチャンを狙わない」さえ守っていれば、だいたい軽く受け流してくれると思うのですが……なんていうか、言うときに「オス」を出さないというか、イメージでいえば無色透明な感じで、さらっと言う。あとは女性にツッコミの余地を与える。「バカじゃないの」「最低」「死ね」とか、そういう言葉を言いやすい状況で言う。

 

下ネタという「ボケ」だけではただのセクハラです。そこに女性の鋭いツッコミをもらって初めてギャグとして成立するんです。

 

ちなみにいま僕が一番やりたい下ネタは、「ラブホテルの前で土下座」です。よろしくお願いします。

拍手返事

ごはんに塩は赤飯っぽくなるから好き。レンジでチンするタイプのパックのごはんだとなお良い。

→おー、やってみます!おいしそう。

 

・美味しいし1000円で食べ放題なの有能すぎ

→食肉センター、いいですよね。ただ、つい食べ過ぎて歩けなくなるのは事案です。久しぶりにレバー食べたかった……

 

・遅くなったけど、おめでとお

→こちらも遅くなりましたが、ありがとお!10周年にはオフ会ができるくらいのアクセス数になっていればいいなあ……やらないけど。

 

・バーというと銀座のルパンとか行きたいけど、勇気が出ないなオレ(バル関係ねーな)

→GI☆N☆ZA☆とか……いや、それ、怖い……

 

・命綱みたいなのが無いとこのボルダリングだと利用する前にここで怪我とか死亡されても店側は一切責任は負いませんけどいいですか?みたいな契約書書かされるのがくっそ怖かった。女の子のお尻を下から眺めるのたのしい。

→やらないでもお尻を見てるだけで楽しいですね。ちょっと契約書書いてくる。

 

・何かを褒める時にセットで何かを貶すのってクソだと思います。その点、誰も傷つけずに笑いを取れるヒカキンってすごいです。見習ってください。

→ごもっともです。反省してます。僕のようにクソでダニの餌にもならないような人間は、ああいう書き方しかできなかったんです。今後は気をつけます。その点ヒカキンはすごいですよね。漢字にすると非課金。……エンターテイナーの鑑ですよね。

 

・私も文理選択で死にました 悔いのない人生の選択をしていきたいものです

 →選択する前に二者面談とかしてくれればよかったのに、と人のせいにするっていう。

 

・ラブラドールじゃないのか

→バター犬には興味ないです。

 

・会話が弾む職場と言うのはうらやましい

→人間関係が良好なのが唯一の取り柄です。あとは基本ブラックです。

 

・あっ分かる、自律神経が自律神経狂わすみたいなループ状態糞すぎ

→明日、先生と交渉して最低でも頓服用でなにかしら薬をもらいにいきます。じゃないとしんどすぎてヤヴァイです。

 

・シロデココの者ですが、自分なりに誰でも気軽に観れるように気を配っていたはずが、怖いと思われるとは...まさかの想定外

→いや、なんていうか、僕がファンタジーに苦手意識を持っていたせいで、敬遠していただけで、いまではかわいさにやられています。なんで怖かったのかは自分でも説明できません……

 

・文学フリマ、そんなに異質な空間でもねーから大丈夫だよ。

ただ、私はもう出展しないけどなw

→そうですか……ならいいんですけど……1パーセントもわからないので、いまはただただ怖いです。

 

・なぜか後輩が男の前提で読んでた

ノンケのはずなのに

→ここはホモサイトじゃありません!!

 

・今更な話かもしれませんがハンネの由来ってビリー・ホリデイですか?

→そうです!……カッコいいのでそういうことにしたいのですが、実際は筋肉少女帯の曲で『ビッキー・ホリディの唄』ってのがあるんですよ。その曲が大好きで、そのまんま拝借しました。