そこはかとなく、いじらしく

2017/07/26 日想

 

僕の脳内学会で発表予定の3つの論文、

 

「年齢に依らない熟女の定義づけと新しい概念について」

「髪を結いた女性への髪を解きたい衝動について」

「髪を結いた女性の魅力とその4つの根本命題」

 

の論旨を後輩(女の子)に説明したら、途中からついてきてませんでした。

 

ビッキー・ホリディです。

 

 

 

『君に届け』29巻が発売されましたね。

 

破壊力でいえば28巻最強説がありますが、でも面白いし、いいエピソードがいっぱいでお兄さん満足です。

 

てっきり大学合格発表→卒業で完結かと思いきや、卒業式が先でした。そうだったっけ?センター試験しか受けてないからよくわかりません。

 

でも、ってことは30巻はどうなるんでしょう。残すところ合格発表くらいしかイベントがないので、もしかして「数年後」とかいって結婚まであるんじゃ……もしそうだとしたら事案ですよ。またKE・KKO・N☆ですよ。

 

しかしその、あれですよ。ピンをカッコよく書きすぎじゃね?と。

 

確かにいい先生だし、髪下ろすとカッコいいんですが、それにしても、ですよ。

 

なんなら29巻の表紙で戸惑いましたもん。え、誰!?みたいな。間違って別のマンガ買っちゃったのかと思いましたもん。

 

いやー、ピンはカッコいい。27歳とは思えないですね、あのカッコよさは。

 

あやねちゃんが告ったときにちゃんと吹っ切れるようにバッサリ振るシーン、マジで男前。

 

風早くんは相変わらずの爽やかさで。爽子ちゃんにネクタイあげるとかさー!やばいでしょなに?なんなの?

 

ケントはすげー優しいし。聖人君子かよって。あやねちゃんにフラれたときのケントがマジでイケメンすぎて僕も言いたいです。でもそのためには一回付き合わなければいけません。そのためには女の子と出会わなければいけません。そのためには――(だんだん涙声)(一回死ぬまである)

 

そんなわけで、次はまた半年後かな?おそらく完結でしょう。どうなることやら。楽しみです。

 

2017/07/23 日想

 

ラブドールのためにカード切れるほどの勇気がありません。

 

ビッキー・ホリディです。

 

 

 

高校のときに付き合っていた彼女が結婚したそうです。

 

なにやら今日が結婚式だったそうで、彼女の幼なじみ(人妻)のSNSの投稿で知りました。こういうときに便利ですよね。ほんとは全部やめたいんですが、情報が入らなくなるのとやっぱり不便なのとで、なんやかんや。

 

で、おめでとうのひとつでも言っておくかと、LINEのアカウントを探して、送って。たぶんこれが初めてのやりとりだと思います。最近はtwitterでごくたまにやりとりするくらいだったので、LINEのアカウントがなぜあるのかも謎でしたが、まあ、あってよかったです。

 

直近で彼女に会ったのは、その幼なじみの結婚式の二次会でした。なので2、3年前ですね。昔から天然で、天然っていうと不機嫌になる天然なんです。

 

二次会が終わって友人と3人で飲みに行ったときも、

 

友人「この間、ユウコと帰ったときにさ――」

彼女「……っ!えっ!?ユンボで帰ったの!?」

 

 

 

これを真顔で言えるのがいいところなんだと思います。

 

肝心のウェディングドレス姿なんですが、送ってって言ったら割とあっさりくれました。暗くて見えづらかったです。もうちょいあっただろ……そういうとこだぞ。

 

でも花嫁姿は素敵でしたね。思わずAmazonギフト券を贈りました。これ、めっちゃ便利ですね。

 

そしたら「今度なにかお礼するね!」って言われたので「じゃあ、幸せになってください」と。「なんだ男前か」と、男前認定されました。人妻に。

 

どうせされるなら、僕のことを愛してやまない女性にされたかったです。ん、待てよ、もとから愛してやまないなら認定される必要ないんじゃね?あれ、よくわからなくなってきたぞ……

 

 

 

CLANNAD観て、赤ちゃん抱っこして、友人の結婚を知ってと、そんなことばかり続くもんだから、僕の中で最近、静かにアイデンティティ・クライシスが起きてます。

 

これから僕の人生はどうなるんでしょう。結構、いろいろと混乱してます。ラブドール買おうか迷ってるくらいには。

2017/07/21 日想

 

ラブドールについて調べてたらワンチャン買うのもアリかな、と思いました。

 

ビッキー・ホリディです。

 

 

 

友人の出産祝いを渡しに行ってきました。……とはいえ出産したのは2月なんですけど。

 

出産の翌日に病院に行って以来だったのですが、もう、なんていうか、赤ちゃんがかわいすぎて。通帳持ってたらなにも考えずに渡してた勢いです。残高ないけど。

 

出産祝いとは、今更な感は半端なく、なんで今日なんだって話なんですが、僕の精神状態がアレだったのと、あとはどうやって渡そうかがわからなくて。

 

旦那さんと飲みに行ってそんときに、って考えたんですが、そうすると友人がたぶん怒るというか、まさか赤ちゃん置いて飲みになんて行けないので、そうすると友人に悪いなあと。

 

かといって友人に会うってなっても生後間もないからいろいろと大変だろうし……

 

と、なんやかんやで今日になりました。なんで今日なのかは、原稿が煮詰まったのと思いつきです。

 

彼女の家の近くの喫茶店でいろいろ喋りました。昔の話もしたんですが、母親になった友人と話していると、なんだか昔話もちょっと趣が違ってきて。

 

いま、これ書きながらいろいろ思い出してます。定期的に会ってるとか、そういうわけではないんですが、お互いの要所要所で会ってるので、なんか不思議な縁だなあと。

 

 

 

赤ちゃん、かわいかったです。見てるだけでもかわいいのですが、抱っこするとかわいさが飛躍的に倍増します。

 

友人「変なおじちゃんのところに行ってみる?」

僕 「変じゃないお兄さんのとこ、来てみる?」

友人(赤ちゃんを抱っこさせる)

僕 「えっ、どうやって抱っこすんの?やばい怖い!」

友人「いや、普通に。はい」

僕 (その普通がわからねえんだよ!!)

 

と、恐る恐る抱っこしました。

 

そのとき体中が

未来を感じたんだ

すべてはここにあって

なにもかもがなかった

(Syrup16g『回送』)

 

ほんとに、そんな感じです。一瞬、なにか閃いたんですよ。あるいはなにかを思い出したのかもしれません。でもそれがなんなのかはわかりませんでした。

 

まあ、ひとつ言えることは、抱っこする瞬間までの自分がなんてガキだったのだろうと。いや、いまでもそれは変わりませんが、そう自覚させられました。

 

母親として、妻として、懸命に生きている友人、家族のために必死で働いている旦那さん、両親に愛されている赤ちゃん。なんかねえ、言葉にできないんですが、不思議な体験でした。赤ちゃんってすげえなと。

 

……まあ、だからといって僕が結婚するかどうか(したいかどうか)は別の話なんですが。でも、頑なに「結婚したくない!」とは思わなくなりましたね。行雲流水。Let it be.です。

 

 

 

そんな今日のハイライトです。

 

友人(赤ちゃんに向かって)「どこ見てんのー?」

僕 (メニューを取って)「これ?なにか食べる?おいしいよー、甘いよー」

赤 (手を伸ばす)

ガチャン(コップを倒す)

僕 「……ごめん」

 

2017/07/16 日想

 

前回はオーバードーズして、勢いだけで書いてみたらああなりました。本当はラリった勢いで大爆笑をかっさらうような記事を期待していたのですが、結果アレです。ほら、太宰治なんかがアブサンを飲んで小説を書いていたような、ああいうやつを期待していたのですが。

 

ちなみにあのあとはチャリでビールを買いに行ったら自転車ごと崩れ落ちて全身打撲のメガネがぶっ壊れので大変でした。でもあんまり記憶がありません。ビールが転がっていたところ、ちゃんと買い物はできたのでしょうが。そんな感じです。

 

ビッキー・ホリディです。

 

 

 

CLANNAD観終わりました。個人的に人が死んで物語が進むっていうのは好きではないのですが(CLANNADの場合結果的に生きてましたけど)、でもそれを差し引いても好きです。早苗さんが。結局そっちかよ。

 

早苗さんルートがあるなら、ゲーム買ってくるまでありますが、いやでも、早苗さんにはアッキーがいるし……アッキーと二人で幸せになってほしい……!!っていうか早苗さんにはアッキーしかいない……というdilemmaに陥ってます。

 

ヒロインの渚ちゃんもステキですね。現実的に考えると、結婚するなら渚ちゃんですよね。いや、二次元だしっていう正論はとりあえず横に置くとして、渚ちゃんみたいな、いつもは弱々しい感じですけどいざというときには全力で支えてくれる、そんな芯の強い人って最高じゃないですか。

 

僕の一番好きなシーンはプロポーズするところです。渚ちゃんの主人公への愛が全力で表れてると思うんですよ。僕にもああいう人がいてくれれば人生違ってたのかもしれませんね。(遠い目)(お薬ポリポリ)

 

結婚かあ……

 

いいなあとは思いますが、自分がしようとは思いませんねえ……前は同棲とか寝室が一緒とか、嫌だったのですが、最近は別にまあ、許容できるようになりました。なので誰かと暮らすのに抵抗はなくなったのですが、実際に相手を見つけて、付き合って、結婚と考えると、なんかしっくりきません。なんででしょうね。

 

この間、結婚適性テストみたいなのを見つけて、ためしにやってみました。

 

「あなたは一人でも生きていけます」

 

と出ました。え、いや、オレが知りたいのはそういうのじゃないんだけど……っていうかそんな話だったっけ!?違うよね?渚ちゃんと結婚できるかどうかの話だよね!?え?それも違う?

 

でも結婚して、家に帰ってくると奥さんが待っていてくれて、「おかえりなさい」って言ってくれて、っていいじゃないですか。「ごめん、奥さんが待ってるから」って飲み会を一次会で帰りたいじゃないですか。お腹に子どもがいるからって煙草をやめたいじゃないですか。

 

こちとらそんなのもなく、おとといから昨日にかけて26時間半仕事してきたんだぞ!その間、休憩時間は正味30分だぞ!

 

本来は早番→宿直→遅番のはずで、それならきちんと寝られるはずだったのですが、

 

早番→夜勤(宿直兼務)

 

となって、おまけに夜勤は知らないフロアでやるという、まさに暴挙。そういうときに限って救急搬送があって、仕事しながら救急車呼んだり、病院まで付いていった人のフロアの仕事もやったり、あっちこっち回って指示出したりと、オレは何人分の仕事をしてんだと。

 

朝礼のときにケアマネに「お疲れ様でした、大変でしたね」と言われて「死ぬかと思いました」って言ったら「でしょうね」と。

 

施設長は「ビッキー君、これから入浴介助やって帰るんでしょ?」と言ってきて、「一人千円、手当てつけてもらえるなら」と言っておきました。悪魔かよ、あの人。

 

まあ、僕にそれやらせたの、ほかならぬ上司なんですけどね。

 

「ビッキー君、今日宿直だよね?悪いんだけど宿直じゃなくて、この子の代わりに夜勤やってくれる?」って感じで。

 

以前、僕が上司に「いやそれ、(上司)さんがやるんじゃなくて、○○君に1時間残業してもらえればいいんじゃないですか?」って言って、その人にお願いしたときは

 

「○○君、もしこのあと予定がなければなんだけど……もし、ね、大丈夫ならでいいんだけど、無理はしないでいいから……1時間、残業してくれないかな?」

 

って感じだったのに。なんだこの差は。僕には軽く26時間半働かせるくせに……

 

 

 

そんな感じでいま、なんやかんやで仕事が大変なんです。リーダーにしてくれれば直接動いてサクッと終わる案件なんですが、僕はヒラなので勝手に動くことができず、リーダーを通して話をしてもらったり、上司に動いてもらったり、ほかのリーダーに会議の議題として話し合ってもらって、「こういう結論に、こうやって導いてほしい」とお願いしたりと、陰でないと動けないので、非常に面倒なんです。

 

先輩からは「ビッキーはここのフィクサーだな」と言われました。嬉しくねえ……

 

 

 

そんで今日は休みなので、文学フリマに向けての短編を書いてます。しかし、この季節は体調的に原稿書くのキツい……でも今日はなんかいい調子なので、がんばろうと思います。

 

あと、有料ですが原稿の添削・指導と最終的にエージェントとして売り出してくれる会社に原稿を送ってみました。審査というか、選考というか、そういうのがあるらしいので、それに通らないとなんですが。

 

最近は新人賞だけでなくても、いろいろ道があるんですね。まあ、新人賞をもらえればハクもつきますし、それが一番いいんでしょうけど。でも添削と指導だけでもやってもらえるなら非常に助かります。

 

秋には長編も書きたいなあと思ってます。できれば年度末締切の賞に間に合うように。

 

なので仕事している場合じゃないんですよね。本当は仕事をそこそこに小説に力を注ぎたいんですが、そこらへんのバランスが崩れてます。こういうとき、人はどっちを取るかって話になるんですが、それはナンセンスです。

 

 

 

両方やる。

 

 

 

これです。どっちがいいか迷ったときは両方を取りに行く。これは幼なじみの旦那さんから教わりました。カッコいいですね。大人の男は違います。

2017/07/12 日想

 

散文詩にしようか迷ったのですが、日想で書きます。

 

ちなみに先に言っておくと、こちとらデパス20錠と、いつも飲んでるリスパダール、ソラナックス、タスモリン、ロヒプノールも同時に飲んでいます。もうさっさと寝てしましたいです。

 

というものも、いまのこの家庭のことで親に相談をしたんです。

 

でも親はワイドショーに夢中で、僕の話なんて聞いちゃいません。

 

思ったことおを躊躇いなく行動に移す、それはいいことだと思い、実践してみたのですが、結果はこれです。話を逸らして、話を聞く気すらない。

 

僕はそのとき、昔のことを思い出しました。

 

相談しても毒にも薬にもならないような言葉があるだけ御の字、たいては流されて終わり。

 

そのことをすっかり忘れたました。あの人はそういう人なんです。僕がいくら相談を持ちかけても、めんどくさそうな表情で、話半分で聞いて、結局は自分語り。

 

僕は実家に帰って話をしようと思っていたのですが、まあ、そんな調子で。出された麦茶を飲むこともせず、帰りました。

 

帰り際、「解決したの?」と訊かれたので、「してない」と。

 

僕「だって、昔から相談事を話しても話変えて誤魔化すじゃん。いまだってそう、今日だってそう。……もういいよ、もうここには二度と来ない」

 

 

 

両親さえ避ける僕の問題、他人に押し付けられないですよ。これは僕が

 

仮に恋人ができたとして、こんな面倒な案件、誰が好き好んで取り込むます?相手に申し訳無さ過ぎる……

 

 

 

生きていくのがつらい……

拍手返事

・ラブラドールじゃないのか

→バター犬には興味ないです。

 

・会話が弾む職場と言うのはうらやましい

→人間関係が良好なのが唯一の取り柄です。あとは基本ブラックです。

 

・あっ分かる、自律神経が自律神経狂わすみたいなループ状態糞すぎ

→明日、先生と交渉して最低でも頓服用でなにかしら薬をもらいにいきます。じゃないとしんどすぎてヤヴァイです。

 

・シロデココの者ですが、自分なりに誰でも気軽に観れるように気を配っていたはずが、怖いと思われるとは...まさかの想定外

→いや、なんていうか、僕がファンタジーに苦手意識を持っていたせいで、敬遠していただけで、いまではかわいさにやられています。なんで怖かったのかは自分でも説明できません……

 

・文学フリマ、そんなに異質な空間でもねーから大丈夫だよ。

ただ、私はもう出展しないけどなw

→そうですか……ならいいんですけど……1パーセントもわからないので、いまはただただ怖いです。

 

・なぜか後輩が男の前提で読んでた

ノンケのはずなのに

→ここはホモサイトじゃありません!!

 

・今更な話かもしれませんがハンネの由来ってビリー・ホリデイですか?

→そうです!……カッコいいのでそういうことにしたいのですが、実際は筋肉少女帯の曲で『ビッキー・ホリディの唄』ってのがあるんですよ。その曲が大好きで、そのまんま拝借しました。

 

・地下鉄と再評価で、東上線は今人気上がってますよ(特に和光市)

西武に勝つ日も近いぞ!

→和光は道路も再開発されてますからね。バイパスできるし大型ショッピングモールできるし。すごいです。そのイキオイに乗り損ねそうな我が街です……

 

・オレスゲー合戦は実弾ならまだいいが、空砲撃ってくるやつは虚しすぎるからやめて

→っていうかだいたい空砲ですよね……

 

 

・有村千佳と有村架純を言い間違える症候群の患者だなお主

→ふふふ……我々クラスになると有村架純を有村千佳と空目して↑のメッセージも「有村千佳と有村千佳を言い間違える」と読んでしまい、なに言ってんだこいつと思ったんだぜ……!!

 

・ウエディングドレスいいよね…

→いいですよね。ウエディングドレスプレイとかないんですかね。……あったらあったでちょっとイヤですけど。

 

・俺は誕生日にニコ動にエロ動画うpしてた(どうでもいい)

→なぜURLがない……!!

 

 

17歳はマズイぞ(嫉妬)

→いまは反省している。

 

・しごとの基礎英語って番組がオススメ、結構タメになる

→おおっ!ありがとうございます!過去のやつとか、つべとかにあがってないかなあ。調べてみます!