星降る夜のビート――THE BACK HORN

コンビニへ煙草を買いに行ったらアメスピにオマケがついていて、これはラッキーだと僕の吸っているターコイズを探したのですが、ありませんでした。メンソールは吸わないし、ほかのだとタールが低いしで、結局普通に買いました。なんか切ない。

 

ビッキー・ホリディです。

 

 

 

昨日、帰ったら不在票が届いていました。

 

買い物をした記憶もないし、誰かから送られる話もなく、なんだろと思ったんです。

 

宛先を見ると「オフィシャル」と。

 

 

 

は?

 

 

 

ちょっと待て。いいから座りなさい。こっちに来て。早く!バカ!正座しろよ!!

 

なんだよ、オフィシャルって。いや、意味はわかるけど、そうじゃなくて、どこのオフィシャルなんだよ、それを書けよ。

 

これあれか?「開けた時点で契約成立となります」的なあれか?もしくは生首か。

 

 

 

 

で、さっき受け取って開けてみました。契約成立です。ってなんだっけこれ。なんかのドラマであったような。昔見た記憶がある……ライアーゲームだっけ?まあ、いいや。

 

受け取ったのは30センチ四方、高さが10センチほどの木箱でした。

 

 

 

は?

 

 

 

なになになに、なに木箱って。マジでやめて。でも、大きさからして生首の線は消えた……じゃあなんだ?指?マジで?誰のエンコだよ。知人?友人?愛人?家人

 

 

 

いやいやいや、マジで怖いからそういうの。知り合いのエンコってやめろよ。縁故なだけにってか。やかましいわ。

 

 

 

 

……おそるおそる中身を見てみると、アメスピの8銘柄入り吸い比べキットでした。

 

なーんだ、キットか。キットね。キットならよかった。指じゃなくて本当によかった。オフィシャルってアメスピのオフィシャルサイトのことだったのね、きっとそうなんじゃないかと思ってたんですよ。実は。

 

というわけで、いやしかしこれすげえな。全銘柄が2本パックで入ってるんですよ。へー面白い。でも木箱はやめろよ。コトリバコのこともちょっと思い出しちゃったし。

 

とりあえず、ずっと気になってたペリックを吸ってみました。ほかにもいろいろあるんですが、最初に書いたように、メンソールやタールが軽いのは吸わないし、どうしよ。まあ、タダだし、気が向いたら吸うことにします。

拍手返事

・命綱みたいなのが無いとこのボルダリングだと利用する前にここで怪我とか死亡されても店側は一切責任は負いませんけどいいですか?みたいな契約書書かされるのがくっそ怖かった。女の子のお尻を下から眺めるのたのしい。

→やらないでもお尻を見てるだけで楽しいですね。ちょっと契約書書いてくる。

 

・何かを褒める時にセットで何かを貶すのってクソだと思います。その点、誰も傷つけずに笑いを取れるヒカキンってすごいです。見習ってください。

→ごもっともです。反省してます。僕のようにクソでダニの餌にもならないような人間は、ああいう書き方しかできなかったんです。今後は気をつけます。その点ヒカキンはすごいですよね。漢字にすると非課金。……エンターテイナーの鑑ですよね。

 

・私も文理選択で死にました 悔いのない人生の選択をしていきたいものです

 →選択する前に二者面談とかしてくれればよかったのに、と人のせいにするっていう。

 

・ラブラドールじゃないのか

→バター犬には興味ないです。

 

・会話が弾む職場と言うのはうらやましい

→人間関係が良好なのが唯一の取り柄です。あとは基本ブラックです。

 

・あっ分かる、自律神経が自律神経狂わすみたいなループ状態糞すぎ

→明日、先生と交渉して最低でも頓服用でなにかしら薬をもらいにいきます。じゃないとしんどすぎてヤヴァイです。

 

・シロデココの者ですが、自分なりに誰でも気軽に観れるように気を配っていたはずが、怖いと思われるとは...まさかの想定外

→いや、なんていうか、僕がファンタジーに苦手意識を持っていたせいで、敬遠していただけで、いまではかわいさにやられています。なんで怖かったのかは自分でも説明できません……

 

・文学フリマ、そんなに異質な空間でもねーから大丈夫だよ。

ただ、私はもう出展しないけどなw

→そうですか……ならいいんですけど……1パーセントもわからないので、いまはただただ怖いです。

 

・なぜか後輩が男の前提で読んでた

ノンケのはずなのに

→ここはホモサイトじゃありません!!

 

・今更な話かもしれませんがハンネの由来ってビリー・ホリデイですか?

→そうです!……カッコいいのでそういうことにしたいのですが、実際は筋肉少女帯の曲で『ビッキー・ホリディの唄』ってのがあるんですよ。その曲が大好きで、そのまんま拝借しました。