『レ・ミゼラブル』とはとても似ても似つかぬショートショート

彼女は言った。

 

「ねえ、来週の土曜日にパーティに誘われたんだけど、一緒にいかない?」

 

そのとき俺はひどく酔っていたし、おまけにやけに蒸し暑い雨の日だった。

 

「パーティ?なんの?」

 

「友達が婚約したんだって。それでみんなで祝おうってことになってさ」

 

「俺は行かないよ」

 

結局、彼女はほかの男友達を見つけて、そいつと一緒に行ったらしい。

 

パーティ当日の日、俺はシーバスリーガルをロックでチビチビ飲みながら、坂口安吾の短編を読んでいた。その日も気温ばかり高くて、気圧は低い、そんな更年期でなくても誰でもイカれてしまうような気候だった。こんな日に人と会いにいくだなんて、正気の沙汰とは思えない。カーペンターズだって歌ってたじゃないか。「雨の日と月曜日は憂鬱になるの」って。

 

玄関のドアが開いた。彼女だった。全身から酒と煙草の臭いを放ちながら俺に抱きついてきた。

 

「ねえ、なんで来なかったの?」

 

「行かないって言ったじゃんか」

 

「なんで行かなかったの?」

 

「俺はパーティが嫌いなんだ」

 

「なんで?」

 

「……質問ばかりだな。別に理解してもらいたくもないけど、中にはそういう人間もいるんだよ」

 

「わたしはパーティが好き」

 

「おおかたの人間はそうかもしれない、でも俺はパーティも人間も嫌いだ」

 

「わたしのことは?」

 

「好きだよ」

 

「人間が嫌いなのに?」

 

「なににも例外はある」

 

彼女はちょっとトイレに行ってくると言い、立ち上がった。俺は窓を開けた。

 

煙草に火をつけた。そのとき彼女が戻ってきた。

 

「ねえ、別れましょう」

 

「いきなりなんだよ」

 

「あなた、今日わたしがパーティに行ったこと、ほんとは嫌だったんでしょ?」

 

「そんなことはないよ」

 

「うそ!だって、男と二人で行くなんてどうかしてるって言ったって……」

 

「そんなことは言ってない。それに嫌なら嫌って最初から言う。そんな女々しいことは死んでもやらない。俺の信条に反するからね」

 

「そう……」

 

「どこの誰がそんなこと言っていたのかは、知らないし知りたくもないけど、そんな言葉をまんまと鵜呑みにするくらい信用がないって点では、別れることには賛成だ」

 

「別に信用してないわけじゃないよ」

 

「でも事実そうだろう?」

 

「ただ、付き合ってる意味がないって思っちゃって」

 

「意味?意味なんてないだろう。あるのは願望だけだ」

 

「わからない」

 

「だろうね」

 

「さよなら」

 

「うん」

 

ドアが閉まるのを横目に、俺は本を閉じてウイスキーを舐めた。

 

身体が火照ってくると、まるでそれが彼女の涙のように胸にざらざらと、鉄板に硫酸をかけたように、俺の心が焦がされていくのを感じた。そのとき、俺は彼女のことが好きだったんだなと、本心からそう思った。

 

別れてからその存在の大きさに気づくなんてことは、誰でも通る道だが、俺はこれでまたひとりきりを愛せるようになる。

 

ひとりきりでいるのが辛いから付き合っていたわけじゃない。単純に彼女が好きだから付き合っていただけだ。

 

彼女が去ったいま、やるべきことは感傷に浸って泣くことじゃない。やけくそになって知らねえ女と寝ることでもない。

 

俺はグラスとボトルを片付けて、睡眠導入剤と精神安定剤を飲んだ。

 

エビリファイ5mg、タスモリン1mg、レンドルミン0.5mg、デパス1mg。計7錠。

 

これで明日も生きていける。

拍手返事

・命綱みたいなのが無いとこのボルダリングだと利用する前にここで怪我とか死亡されても店側は一切責任は負いませんけどいいですか?みたいな契約書書かされるのがくっそ怖かった。女の子のお尻を下から眺めるのたのしい。

→やらないでもお尻を見てるだけで楽しいですね。ちょっと契約書書いてくる。

 

・何かを褒める時にセットで何かを貶すのってクソだと思います。その点、誰も傷つけずに笑いを取れるヒカキンってすごいです。見習ってください。

→ごもっともです。反省してます。僕のようにクソでダニの餌にもならないような人間は、ああいう書き方しかできなかったんです。今後は気をつけます。その点ヒカキンはすごいですよね。漢字にすると非課金。……エンターテイナーの鑑ですよね。

 

・私も文理選択で死にました 悔いのない人生の選択をしていきたいものです

 →選択する前に二者面談とかしてくれればよかったのに、と人のせいにするっていう。

 

・ラブラドールじゃないのか

→バター犬には興味ないです。

 

・会話が弾む職場と言うのはうらやましい

→人間関係が良好なのが唯一の取り柄です。あとは基本ブラックです。

 

・あっ分かる、自律神経が自律神経狂わすみたいなループ状態糞すぎ

→明日、先生と交渉して最低でも頓服用でなにかしら薬をもらいにいきます。じゃないとしんどすぎてヤヴァイです。

 

・シロデココの者ですが、自分なりに誰でも気軽に観れるように気を配っていたはずが、怖いと思われるとは...まさかの想定外

→いや、なんていうか、僕がファンタジーに苦手意識を持っていたせいで、敬遠していただけで、いまではかわいさにやられています。なんで怖かったのかは自分でも説明できません……

 

・文学フリマ、そんなに異質な空間でもねーから大丈夫だよ。

ただ、私はもう出展しないけどなw

→そうですか……ならいいんですけど……1パーセントもわからないので、いまはただただ怖いです。

 

・なぜか後輩が男の前提で読んでた

ノンケのはずなのに

→ここはホモサイトじゃありません!!

 

・今更な話かもしれませんがハンネの由来ってビリー・ホリデイですか?

→そうです!……カッコいいのでそういうことにしたいのですが、実際は筋肉少女帯の曲で『ビッキー・ホリディの唄』ってのがあるんですよ。その曲が大好きで、そのまんま拝借しました。