BABY YOU CAN――The Birthday

ゴシップガール シーズン2、いよいよ終盤戦。マジでアツいです。

 

チャック・バスがシーズン1とは全然印象が違って、ルーファスは相変わらずカッコよくて。ルーファスが出てくるとなんだかホッとします。

 

……本が全然読めてません。

 

ビッキー・ホリディです。

 

 

 

ここ数日LINEが忙しすぎます。

 

彼女とは別れてからも毎日やりとりしてますし、それに加えて去年辞めた、あの例の後輩(去年の日想参照)から介護福祉士の合格のお祝いメールをもらってから、その子ともやりとりをしています。

 

で、土曜日にランチすることになりました。

 

 

 

 

……いや違うんです。そういうことじゃないんです。そんなつもりは。

 

といいながら告った前科があるので、もう自分自身でも信じられませんが。

 

ランチに行くというのも、どうやらその子は彼氏と音信不通らしく、どうしたらいいのかということで、話を聞くためのものなんですよ。もう別れろよというのが正直なところだし、それに悩む間もなくフラれた身としては知ったことかというのが本音です。

 

でもこれって……ワンチャンあるんじゃね?

 

別に僕はいまやフリーの身ですし、向こうの彼氏は音信不通だし、別にここで僕がアプローチをしてもなにも咎められることはありません。問題はその子がまだ彼氏のことが好きだということ。まあ、そこまではどうすることもできませんが。でも努力はできます。

 

 

 

そうなんですよ。なにも悪いことをしているわけじゃない、という点がものすごく恐ろしい話で。

 

で、もっと恐ろしいのが、自分でもなにがしたいのかがわからないんです。

 

別れた彼女を待つのもいいですし、後輩にアプローチするものいい。あとはなにもしないでひとりでいるのもいい。もっと言えば行きずりで出会うのもいいですし。

 

……落ち着け、ビッキー・ホリディ。お前はクールな男のはずだ。そう、クールに、あくまでクールにだ。よく考えろ。スタンダールだって『赤と黒』で言っていたじゃないか。

 

 

 

――この後悔は一生おれにつきまとうぞ。あの女が惜しいのじゃない。女なら、いくらでもいる!

……だが、名誉は一つしかない!

 

 

それに、桑田佳祐だって『祭りのあと』で歌っていた

 

 

 

野暮でイナたい人生を 照れることなく語ろう

悪さしながら男なら 粋で優しい馬鹿でいろ

 

 

 

ビッキー・ホリディ、お前はオンディーヌ家の末裔だ。オンディーヌ家の一族たるもの、男として誇りを持って生きなければならない。

 

こんな一時期の気の迷いで、誇りまで売り払おうなんて、あまりに愚かじゃないか?なあ、じいや。(横でうなずく)

 

 

 

そういえば、母親と電話で話していたとき、彼女と別れた旨を伝えたところ「次はまた10年後かな?」と言われました。

 

こんな魂なら二束三文で売り払ってやろうかなと一瞬思いましたね。

拍手返事

・命綱みたいなのが無いとこのボルダリングだと利用する前にここで怪我とか死亡されても店側は一切責任は負いませんけどいいですか?みたいな契約書書かされるのがくっそ怖かった。女の子のお尻を下から眺めるのたのしい。

→やらないでもお尻を見てるだけで楽しいですね。ちょっと契約書書いてくる。

 

・何かを褒める時にセットで何かを貶すのってクソだと思います。その点、誰も傷つけずに笑いを取れるヒカキンってすごいです。見習ってください。

→ごもっともです。反省してます。僕のようにクソでダニの餌にもならないような人間は、ああいう書き方しかできなかったんです。今後は気をつけます。その点ヒカキンはすごいですよね。漢字にすると非課金。……エンターテイナーの鑑ですよね。

 

・私も文理選択で死にました 悔いのない人生の選択をしていきたいものです

 →選択する前に二者面談とかしてくれればよかったのに、と人のせいにするっていう。

 

・ラブラドールじゃないのか

→バター犬には興味ないです。

 

・会話が弾む職場と言うのはうらやましい

→人間関係が良好なのが唯一の取り柄です。あとは基本ブラックです。

 

・あっ分かる、自律神経が自律神経狂わすみたいなループ状態糞すぎ

→明日、先生と交渉して最低でも頓服用でなにかしら薬をもらいにいきます。じゃないとしんどすぎてヤヴァイです。

 

・シロデココの者ですが、自分なりに誰でも気軽に観れるように気を配っていたはずが、怖いと思われるとは...まさかの想定外

→いや、なんていうか、僕がファンタジーに苦手意識を持っていたせいで、敬遠していただけで、いまではかわいさにやられています。なんで怖かったのかは自分でも説明できません……

 

・文学フリマ、そんなに異質な空間でもねーから大丈夫だよ。

ただ、私はもう出展しないけどなw

→そうですか……ならいいんですけど……1パーセントもわからないので、いまはただただ怖いです。

 

・なぜか後輩が男の前提で読んでた

ノンケのはずなのに

→ここはホモサイトじゃありません!!

 

・今更な話かもしれませんがハンネの由来ってビリー・ホリデイですか?

→そうです!……カッコいいのでそういうことにしたいのですが、実際は筋肉少女帯の曲で『ビッキー・ホリディの唄』ってのがあるんですよ。その曲が大好きで、そのまんま拝借しました。

 

・地下鉄と再評価で、東上線は今人気上がってますよ(特に和光市)

西武に勝つ日も近いぞ!

→和光は道路も再開発されてますからね。バイパスできるし大型ショッピングモールできるし。すごいです。そのイキオイに乗り損ねそうな我が街です……