致死0.3ミリグラム

どうしてそんな気になったのか、そんなこと説明を求められても無理だ。そこには理由なんてないし、ないからこそ、そんな気になったのだろう。……これで満足してもらえなきゃ、もうどうすることもできない。

 

仕事の帰り道、いつものように冷めた惣菜を買って家まで歩いてたんだ。別に急いでいたわけじゃない。誰かが帰りを待っているわけじゃなし、温かい夕飯が冷めてしまうわけじゃなし。

 

で、アパートのある路地に入ろうってところに、ぽつんと占い師がいたんだよ。ほら、よくいるようなやつだよ。こんなところで珍しいななんて思って通り過ぎたんだ。そう、最初はね。ただ、なんとなく、好奇心とでもいうのか、それも違う気がするが、とにかく気がついたらそこに座ってたんだよ。

 

「自分には他人にはできないなにかができるはずだ、なんて、いつまで思っているつもりだい?」

 

そいつはおれが座るなりそう言ったんだ。手相も見ず、生年月日も聞かずに。

 

「そんなことを思っているうちには、なあんにもできないよ」

 

おれは言うべきことが見つからないまま黙ってたんだ。

 

「つまらない人生……それを感じるのはあんた次第……幸も不幸もあんたの感性だよ」

 

そいつはそう言っておれの手を握ったんだ。生暖かくて、いやあな気分になった。

 

「どうしても嫌になったなら、そいつを飲んで逃げてしまえばいい」

 

手の中を見ると、錠剤が1粒、そこにあった。

 

「――逃げたら最後、二度と帰ってこられないからね」

 

 

 

おれの人生ってなんだろう、なんのために生きているんだろう。

 

その答えが無いから、漠然と――あの占い師が言っていたように――「自分にはなにかができるはず」なんて思っていたのかもしれない。そう思っているうちは、多少でも未来に希望が持てるから。

 

高校、大学とあまりパッとしない青春時代を送って、社会人になってもとくになにがあるわけでもなく、仕事と家の往復で、たまの休日も寝ているか酒を飲んでいるかのどっちかで、気がつきゃもう若くはない。

 

この錠剤は、そんなおれからすりゃ、いますぐに飲んでしまってもいいものだった。

 

あの占い師いわく、飲めば眠くなってきて、目を閉じたらそれで終い。0.3ミリグラムの魔法で死ねるってわけだ。

 

おれはこいつをいつ飲もうか、しばらくの間考えていた。別にいつだって構わないが、いつだって構わないからこそ、いますぐに飲むものどうかと思っていて、そうしているうちに時間ばかりが過ぎていった。

 

しかし不思議なもんで、いつでも楽に死ねると思うと、なんだか背負っていた荷物が急に軽くなったような気がして、ちょっとばかし世界が違って見えるのだった。

 

出勤の満員電車で、朝から泣き喚くガキにはいつもイラついていたが、それも小さいうちは泣くのが仕事だからなと可愛く思えさえしたし、急に雨が降ってきてズブ濡れになっても、のべつ晴れていて干からびるよりはマシだと思えた。

 

いつものようにスーパーで冷めた惣菜を持ってレジに行ったとき、おれは自然と「ありがとう」と言っていた。ありがたい気持ちなんてそこまでなかったが、口に出していた。

 

テレビをつけると、面白くもないタレントがギャンギャン騒いでいた。それを見ながらさっき買った惣菜と白飯をつついている。

 

なんて言ったのか記憶にも残らなかったが、テレビのタレントが言った一言でおれはつい笑った。

 

笑いながらメシを食ったもので、むせこんだ。

 

水を飲んで落ち着くと、なんだかこれはこれで悪くないもんだと思った。

 

なにがって?

 

くだらないテレビや、うまくもないメシや、おれの人生が、さ。

 

 

 

あの錠剤はいまでも家にある。

 

いつ飲むのかは、まだおれにもわからない。

拍手返事

ごはんに塩は赤飯っぽくなるから好き。レンジでチンするタイプのパックのごはんだとなお良い。

→おー、やってみます!おいしそう。

 

・美味しいし1000円で食べ放題なの有能すぎ

→食肉センター、いいですよね。ただ、つい食べ過ぎて歩けなくなるのは事案です。久しぶりにレバー食べたかった……

 

・遅くなったけど、おめでとお

→こちらも遅くなりましたが、ありがとお!10周年にはオフ会ができるくらいのアクセス数になっていればいいなあ……やらないけど。

 

・バーというと銀座のルパンとか行きたいけど、勇気が出ないなオレ(バル関係ねーな)

→GI☆N☆ZA☆とか……いや、それ、怖い……

 

・命綱みたいなのが無いとこのボルダリングだと利用する前にここで怪我とか死亡されても店側は一切責任は負いませんけどいいですか?みたいな契約書書かされるのがくっそ怖かった。女の子のお尻を下から眺めるのたのしい。

→やらないでもお尻を見てるだけで楽しいですね。ちょっと契約書書いてくる。

 

・何かを褒める時にセットで何かを貶すのってクソだと思います。その点、誰も傷つけずに笑いを取れるヒカキンってすごいです。見習ってください。

→ごもっともです。反省してます。僕のようにクソでダニの餌にもならないような人間は、ああいう書き方しかできなかったんです。今後は気をつけます。その点ヒカキンはすごいですよね。漢字にすると非課金。……エンターテイナーの鑑ですよね。

 

・私も文理選択で死にました 悔いのない人生の選択をしていきたいものです

 →選択する前に二者面談とかしてくれればよかったのに、と人のせいにするっていう。

 

・ラブラドールじゃないのか

→バター犬には興味ないです。

 

・会話が弾む職場と言うのはうらやましい

→人間関係が良好なのが唯一の取り柄です。あとは基本ブラックです。

 

・あっ分かる、自律神経が自律神経狂わすみたいなループ状態糞すぎ

→明日、先生と交渉して最低でも頓服用でなにかしら薬をもらいにいきます。じゃないとしんどすぎてヤヴァイです。

 

・シロデココの者ですが、自分なりに誰でも気軽に観れるように気を配っていたはずが、怖いと思われるとは...まさかの想定外

→いや、なんていうか、僕がファンタジーに苦手意識を持っていたせいで、敬遠していただけで、いまではかわいさにやられています。なんで怖かったのかは自分でも説明できません……

 

・文学フリマ、そんなに異質な空間でもねーから大丈夫だよ。

ただ、私はもう出展しないけどなw

→そうですか……ならいいんですけど……1パーセントもわからないので、いまはただただ怖いです。

 

・なぜか後輩が男の前提で読んでた

ノンケのはずなのに

→ここはホモサイトじゃありません!!

 

・今更な話かもしれませんがハンネの由来ってビリー・ホリデイですか?

→そうです!……カッコいいのでそういうことにしたいのですが、実際は筋肉少女帯の曲で『ビッキー・ホリディの唄』ってのがあるんですよ。その曲が大好きで、そのまんま拝借しました。