実弾

ワクワクキャンプツーリング計画を発足しました。

 

ビーナスラインを走って、諏訪あたりで野営をしようかと思ってたのですが、値段が……

 

ビッキー・ホリディです。

 

 

 

サッカーワールドカップドイツ大会が開催された年以来彼女がいないことでお馴染みの僕ですが、別に硬派を気取ってるわけでも女性が嫌いなわけでもないんですよ。なんか気がついたら時間ばかりが経っていただけなんですよ。

 

今日だって職場の後輩がお弁当を作ってきてくれるとばかり思っていて、お昼ご飯を持って行かなかったくらいですから。

 

後輩は昼休みになると一人で黙々と食ってましたけど。で、その話をしたんですよ。

 

後輩「そんなことするわけないじゃないですか。自分のだって買ってきたものなのに」

 

唾でも吐くかのようにそう言われ、僕は悔しくて悔しくて、言い返してやりました。

 

僕 「実は彼女の手作り弁当がここにあるのさ!」

後輩「彼女って誰ですか?」

僕 「クロエ・モレッツちゃんだよ」

 

僕はそう言うと、それはそれは勇ましく、お弁当を取り出しました。

 

後輩「カップヌードルじゃないですか」

僕 「工場の人たちの手作りだよ!特製だよ!」

後輩「……」

僕 「ただのカップヌードルじゃないんだよ、これは、クロエ・モレッツちゃんが俺だけのために作ってくれた特製のカップヌードルだよ!」

後輩「……なにが違うんですか?」

僕 「いやもう、風味がね、全然違うよ。海鮮の香りがもう!これ食ったら日清のやつなんで食えなくなるよ」

後輩「この人、どうしよう……」

 

結局、食欲がなく、食べなかったんですけど。もともと一日一食なんですよね。仕事してるときってなんか食べる気になれなくて。

 

この後輩、5コ下なので、僕からすれば赤子同然で、手玉に取ることなんで児戯に等しいくらいですよ。オンディーヌ家の帝王学で「女性はひたすら受け入れ、褒めるべし」というものがあります。僕もそれを実践したんです。

 

後輩「あー、胸が大きくなればいいのに」

俺 「そのままでいいと思うけどな」

後輩「そのまま、ってそのままを知ってるんですか?」

俺 「当たり前じゃん!俺の目を舐めるなよ」

後輩「……最悪」

 

とまあ、このようにありのままを受け入れてあげることで、大人の男の包容力をアピールするわけですね。

 

そして最終的には

 

事務「ビッキー君、シフト差し替えたから、これ新しい表ね」

俺 「ありがとうございます」

事務「内緒だからね」

俺 「はい」

後輩「どうしたんですか?」

俺 「いや、別に……」

後輩「私の前で隠し事はダメですよ」

俺 「……」

後輩「ほら」

俺 「実は……」


と、見事に主導権を握っ……あれ?

拍手返事

・命綱みたいなのが無いとこのボルダリングだと利用する前にここで怪我とか死亡されても店側は一切責任は負いませんけどいいですか?みたいな契約書書かされるのがくっそ怖かった。女の子のお尻を下から眺めるのたのしい。

→やらないでもお尻を見てるだけで楽しいですね。ちょっと契約書書いてくる。

 

・何かを褒める時にセットで何かを貶すのってクソだと思います。その点、誰も傷つけずに笑いを取れるヒカキンってすごいです。見習ってください。

→ごもっともです。反省してます。僕のようにクソでダニの餌にもならないような人間は、ああいう書き方しかできなかったんです。今後は気をつけます。その点ヒカキンはすごいですよね。漢字にすると非課金。……エンターテイナーの鑑ですよね。

 

・私も文理選択で死にました 悔いのない人生の選択をしていきたいものです

 →選択する前に二者面談とかしてくれればよかったのに、と人のせいにするっていう。

 

・ラブラドールじゃないのか

→バター犬には興味ないです。

 

・会話が弾む職場と言うのはうらやましい

→人間関係が良好なのが唯一の取り柄です。あとは基本ブラックです。

 

・あっ分かる、自律神経が自律神経狂わすみたいなループ状態糞すぎ

→明日、先生と交渉して最低でも頓服用でなにかしら薬をもらいにいきます。じゃないとしんどすぎてヤヴァイです。

 

・シロデココの者ですが、自分なりに誰でも気軽に観れるように気を配っていたはずが、怖いと思われるとは...まさかの想定外

→いや、なんていうか、僕がファンタジーに苦手意識を持っていたせいで、敬遠していただけで、いまではかわいさにやられています。なんで怖かったのかは自分でも説明できません……

 

・文学フリマ、そんなに異質な空間でもねーから大丈夫だよ。

ただ、私はもう出展しないけどなw

→そうですか……ならいいんですけど……1パーセントもわからないので、いまはただただ怖いです。

 

・なぜか後輩が男の前提で読んでた

ノンケのはずなのに

→ここはホモサイトじゃありません!!

 

・今更な話かもしれませんがハンネの由来ってビリー・ホリデイですか?

→そうです!……カッコいいのでそういうことにしたいのですが、実際は筋肉少女帯の曲で『ビッキー・ホリディの唄』ってのがあるんですよ。その曲が大好きで、そのまんま拝借しました。