肉食系ビッキー

お久しぶりです。ちょっと忙しくて更新が滞ってしまいました。

 

たまの休みはハルキスト共と激しく殴り合ってたもので。

 

ビッキー・ホリディです。

 

 

 

以前、上司に告白して見事にフラれたと書きました。

 

ただ、まあ、僕は最初の「ごめんなさい」は「こんにちは」と同義だと思っているので、いまもがんばっているところです。

 

人生で一番がんばって口説いていると思います。さながら鉄の暴風です。

 

 

 

(バレンタインデーのお返しをしたとき)

上司「ラッピングかわいいね」

僕 「かわいいですよね。あんまりかわいいから、(上司)さんかと思いましたもん」

 

上司「息子が休みになると家にいなくて、すぐフラフラ遊びに行くんだよね」

僕 「そうなんですか……。僕だったら(上司)さんが家にいるなら、一歩も外に出ないですけど」

 

(上司が髪切ったとき)

僕 「お疲れ様ですー。うわっ!どうしたんですか!?」

上司「え?なにが?」

僕 「めっちゃかわいいじゃないですか!!」

 

上司「あれ、髪切ったんだ」

僕 「はい。『年上の上司を惚れさせる髪型にしてください』って言ったらこうなりました」

 

僕 「……ところで(上司)さんって月曜日だけかわいいんですか?それとも毎日かわいいんですか?」

上司「どういうこと?」

僕 「いや、今日、特別かわいい気がしたんですけど、いつもそうなのかなって思ったんで」

 

僕 「バイク買うんで、そしたらツーリング行きましょうね」

上司「バイクは怖いからやだ」

僕 「えー、ヘルメット買っちゃいましたよ!」

上司「違う人乗せれば?」

僕 「イニシャルまで彫っちゃったんですよ?」

上司「ぶっ殺すよ」

 

上司「ちょっとお願いごとがあるんだけど、聞いてくれる?」

僕 「一緒にごはん行ってくれるならいいですよ」

 

僕 「お疲れ様ですー」

上司「どうしたの?」

僕 「(上司)さんに癒されに来ました」

上司「癒され……ってなに?」

僕 「いや、目の保養に」

 

僕 (メモを見ながら)「これもやったし、あれも大丈夫、あと、(上司)さんにも会った!よし、帰ります!」

 

僕 「○日にごはん行きましょうよ」

上司「まだどうなるかわからないよ」

僕 「だったらカレンダーに赤いペンでハートの印をつけておくんですよ!」

 

上司「好きな食べ物とかないの?」

僕 「(上司)さんの手料理ですね」

上司「バカじゃないの。あ、ジャガイモを潰して丸くして片栗粉つけて焼くのをたまに作るけど、おいしいんだよー」

僕 「じゃあ今晩食べに行きますね」

上司「今日は作らないもん。……今度作ったら持ってきてあげる」

 

上司「結婚した○○さん、会議のときに遅れてきたとき、わざわざ渡してあげたりしてるんだよ。ラブラブだよね」

僕 「僕が(上司)さんに渡すときは、こう(その場にひざまづいて)しますけどね」

上司「蹴るよ」

僕 「なんでですか!?」

 

 

 

とまあ、こんな具合にがんばっているのですが、だいたい笑われて終わりなんですよね。楽しいんならいいんだけどさ……

拍手返事

ごはんに塩は赤飯っぽくなるから好き。レンジでチンするタイプのパックのごはんだとなお良い。

→おー、やってみます!おいしそう。

 

・美味しいし1000円で食べ放題なの有能すぎ

→食肉センター、いいですよね。ただ、つい食べ過ぎて歩けなくなるのは事案です。久しぶりにレバー食べたかった……

 

・遅くなったけど、おめでとお

→こちらも遅くなりましたが、ありがとお!10周年にはオフ会ができるくらいのアクセス数になっていればいいなあ……やらないけど。

 

・バーというと銀座のルパンとか行きたいけど、勇気が出ないなオレ(バル関係ねーな)

→GI☆N☆ZA☆とか……いや、それ、怖い……

 

・命綱みたいなのが無いとこのボルダリングだと利用する前にここで怪我とか死亡されても店側は一切責任は負いませんけどいいですか?みたいな契約書書かされるのがくっそ怖かった。女の子のお尻を下から眺めるのたのしい。

→やらないでもお尻を見てるだけで楽しいですね。ちょっと契約書書いてくる。

 

・何かを褒める時にセットで何かを貶すのってクソだと思います。その点、誰も傷つけずに笑いを取れるヒカキンってすごいです。見習ってください。

→ごもっともです。反省してます。僕のようにクソでダニの餌にもならないような人間は、ああいう書き方しかできなかったんです。今後は気をつけます。その点ヒカキンはすごいですよね。漢字にすると非課金。……エンターテイナーの鑑ですよね。

 

・私も文理選択で死にました 悔いのない人生の選択をしていきたいものです

 →選択する前に二者面談とかしてくれればよかったのに、と人のせいにするっていう。

 

・ラブラドールじゃないのか

→バター犬には興味ないです。

 

・会話が弾む職場と言うのはうらやましい

→人間関係が良好なのが唯一の取り柄です。あとは基本ブラックです。

 

・あっ分かる、自律神経が自律神経狂わすみたいなループ状態糞すぎ

→明日、先生と交渉して最低でも頓服用でなにかしら薬をもらいにいきます。じゃないとしんどすぎてヤヴァイです。

 

・シロデココの者ですが、自分なりに誰でも気軽に観れるように気を配っていたはずが、怖いと思われるとは...まさかの想定外

→いや、なんていうか、僕がファンタジーに苦手意識を持っていたせいで、敬遠していただけで、いまではかわいさにやられています。なんで怖かったのかは自分でも説明できません……

 

・文学フリマ、そんなに異質な空間でもねーから大丈夫だよ。

ただ、私はもう出展しないけどなw

→そうですか……ならいいんですけど……1パーセントもわからないので、いまはただただ怖いです。

 

・なぜか後輩が男の前提で読んでた

ノンケのはずなのに

→ここはホモサイトじゃありません!!

 

・今更な話かもしれませんがハンネの由来ってビリー・ホリデイですか?

→そうです!……カッコいいのでそういうことにしたいのですが、実際は筋肉少女帯の曲で『ビッキー・ホリディの唄』ってのがあるんですよ。その曲が大好きで、そのまんま拝借しました。