Still Take You Home――Arctic monkeys

地元の話で恐縮なのですが、この間、仕事帰りに武蔵野線に乗ったんです。いつも5分は待たされるのですが、その日はちょうど電車が来てて。で、飛び乗ったんですよ。

 

2駅でまた乗り換えなので5分といえども待つのって馬鹿らしいじゃないですか。なのでこれはラッキーだなと思ってたら――

 

 

 

大宮駅に着きました。

 

 

 

大宮といえば、ウチのほうからだと最寄駅から電車がないんですよ。最寄駅の線路と大宮駅に行くのに一番便利な京浜東北線は平行に通っているような感じで、それを結ぶのはバスしかないという、結構不便なところなんです。それが武蔵野線に乗ったはずが大宮に直行。僕はさすがにテンパりました。

 

怖くなって調べると、一日に2本ほど、僕が乗り換えた駅から大宮駅に直行する便があるそうで、どうやら僕はその幻の便に乗ってしまったようです。

 

大宮から職場の最寄りあたりまでは簡単に戻れるのですが、それはさすがに悔しかったので、途中下車してバスで帰りました。怖かったです。

 

ビッキー・ホリディです。

 

 

 

休みだったのでがっつり本でも読もうと、カミュ『転落』を読み始めました。ほんとは大槻ケンヂ『ロッキン・ホース・バレリーナ』を読もうと思っていたのですが、本棚を見てたら気が変わってカミュにしました。確か数年前に読んだことがあるはずなのですが、内容もぼんやりとですが覚えているのですが、もう一回読んでみようかなと。

 

丸一日、なんの予定もなかったので、ひたすら読んでいようと思っていたのですが、読んでいるうちに飽きちゃって、遅めの昼ごはんを買いに行ったときにふと、マンガでも読もうかと思い立ち、実家に向かいました。

 

ウチにはマンガを置くスペースがなく、マンガを買い揃えては実家に置かせてもらうという、もう倉庫借りろよって感じの実家の使い方をしています。まあ、言ってもあるのは『ONEPIECE』と『ピアノの森』と『のだめカンタービレ』と『君に届け』くらいなもんですが。そのうちに『3月のライオン』も買いたいです。アニメで観ていて、めっちゃ面白いので。

 

僕の性分で、本やマンガは全巻揃ってないと気がすまないんです。たとえば漫喫とかで途中まで読んで、読んでない分を買うとか、そういうのが絶対に嫌なんです。他人がそれをやっていると聞いただけでもなんかむず痒く、「買い揃えろ!」と言ってしまいます。

 

小説なんかでもたとえば『レ・ミゼラブル』とか『風とともに去りぬ』とか、長い長い小説で、いつ読むんだよって本でも、買うときは絶対に全部買います。とにかくきちっと揃っていないと嫌なんです。あ、余談ですが『レ・ミゼラブル』は読みました。新潮文庫のやつ。初めてボロボロ泣きましたね。長いし脱線するし(しかも本1冊分なんてザラなくらいに)で、あまりおすすめはできませんが。

 

で、実家でONEPIECEの最新刊(たしか84巻でしたよね)をもう一度読み、ウム、サンジはさすがだなと涙腺が緩み、そして『君に届け』です。

 

ウチに置いておくと邪魔だしどうしても手にとっちゃってケアマネの勉強ができないので、辛いけど実家に置くことにしたんです。母親もマンガが好きなので「これめっちゃ面白いから!暇なとき読んでみて!あ、返さないでいいから!読んだら適当にしまっておいて!」と言って。

 

……でもこうしてわざわざ実家に帰ってまで読み返すんだったら、果たして手放した意味があったのかどうなのか。

 

幸いにも家には誰もいなくて、思いっきりニヤニヤしながら読みました。これで母親がいたりしたらさすがに……ねえ……いくら僕の結婚を半ば諦めてくれたとはいえ(「孫の顔が見たい」とか「彼女できないの?」とか、そういう話はもうしなくなりました)、「この子大丈夫かしら」みたいなことになりかねませんからね。

 

っていうかあれですよね。これって完全に中毒かなんかですよね。ハマってるって範疇じゃないような気がします。いやーやばい。僕が人としてやばいのはもちろん、ストーリーがやっぱりやばい。最新刊の28巻。破壊力ありすぎだろ。念願の2人だけのクリスマスはもちろん、大晦日(爽子ちゃんの誕生日でもあるんです。このへんの設定もニクいですね)の風早くんの部屋でおこたに入っていちゃいちゃするのもやばい。っていうかおこたに2人で入るってだけでなんでこんなに僕はドキドキしなくちゃいけないの?いやーほんとやばい。なんなら27巻の丸一日デートの回もやばい。遊園地デートとか、鉄板中の鉄板なのに、この作品は27巻にしてやっとですよ?どんだけ焦らせば気が済むんだって話ですよ。二人の幸せそうな姿を見ているともう、……もうっ!!

 

 

 

……って、この記事を読んでくれているあなたを置き去りにして、やばいやばいと言っている僕はやっぱり人としてやばいんだなと書いていて思いました。

 

で、『君に届け』もひとしきり読み、満たされた気持ち(ってやっぱり中毒じゃん……こんなの『アマガミ』以来ですよ。逢ちゃんかわいいよ……)で、さて帰ろうかと思ったときに、ふと『のだめカンタービレ』も読みたくなり、最後のおまけのオペラ編だけ読みました。アニメではやらなかった部分で、のだめと千秋様がきゃーみたいな感じなので、そこだけ読みました。

 

 

 

母「あんた……なにやってんの……」

 

 

 

きゃーのところをきゃーって表情で読んでいたら、母親が買い物から帰ってきていました。思わずきゃーってなりましたが、「いや、マンガ読みに来ただけ」「あ、そう」って感じで。

 

久しぶりにエロ本が見つかったときの気まずさみたいな感じがしました。いや、今回のほうがよりタチが悪いのかもしれない……

 

 

 

『3月のライオン』とあと『ブラックジャック』がいま欲しいんです。ブラックジャックは昔は全部あったんですけどね。なんでか手放しちゃいましたね。また買い揃えたいです。

 

いま、Amazonプライムで『昭和元禄落語心中』を観ています。これもコミックスが気になるところです。でもマンガって追いかけたらキリがないじゃないですか。まるで片思いのような感じじゃないですか。なので自主規制しないとマジでボーナス使い果たす勢いなので気をつけます。これでも結構ガマンしてるんですよ。『クレヨンしんちゃん』も欲しいし。でも買ってないし。ただ……『君に届け』に限っては……なんていうか、辛抱たまらなかったというか……。

 

『昭和元禄落語心中』を見終わったらまたのだめを観ようと思ってます。これで3週目です。

 

せっかくだから海外のドラマとかも、って思ってたのですが、なんかしっくりきませんでした。『ゴシップ・ガール』は全部観て、面白かったので、じゃあ今度は『セックス・アンド・シティ』だと、シーズン1は観たのですが、なんかちょっとボクには早かったようです。

拍手返事

・ラブラドールじゃないのか

→バター犬には興味ないです。

 

・会話が弾む職場と言うのはうらやましい

→人間関係が良好なのが唯一の取り柄です。あとは基本ブラックです。

 

・あっ分かる、自律神経が自律神経狂わすみたいなループ状態糞すぎ

→明日、先生と交渉して最低でも頓服用でなにかしら薬をもらいにいきます。じゃないとしんどすぎてヤヴァイです。

 

・シロデココの者ですが、自分なりに誰でも気軽に観れるように気を配っていたはずが、怖いと思われるとは...まさかの想定外

→いや、なんていうか、僕がファンタジーに苦手意識を持っていたせいで、敬遠していただけで、いまではかわいさにやられています。なんで怖かったのかは自分でも説明できません……

 

・文学フリマ、そんなに異質な空間でもねーから大丈夫だよ。

ただ、私はもう出展しないけどなw

→そうですか……ならいいんですけど……1パーセントもわからないので、いまはただただ怖いです。

 

・なぜか後輩が男の前提で読んでた

ノンケのはずなのに

→ここはホモサイトじゃありません!!

 

・今更な話かもしれませんがハンネの由来ってビリー・ホリデイですか?

→そうです!……カッコいいのでそういうことにしたいのですが、実際は筋肉少女帯の曲で『ビッキー・ホリディの唄』ってのがあるんですよ。その曲が大好きで、そのまんま拝借しました。

 

・地下鉄と再評価で、東上線は今人気上がってますよ(特に和光市)

西武に勝つ日も近いぞ!

→和光は道路も再開発されてますからね。バイパスできるし大型ショッピングモールできるし。すごいです。そのイキオイに乗り損ねそうな我が街です……

 

・オレスゲー合戦は実弾ならまだいいが、空砲撃ってくるやつは虚しすぎるからやめて

→っていうかだいたい空砲ですよね……

 

 

・有村千佳と有村架純を言い間違える症候群の患者だなお主

→ふふふ……我々クラスになると有村架純を有村千佳と空目して↑のメッセージも「有村千佳と有村千佳を言い間違える」と読んでしまい、なに言ってんだこいつと思ったんだぜ……!!

 

・ウエディングドレスいいよね…

→いいですよね。ウエディングドレスプレイとかないんですかね。……あったらあったでちょっとイヤですけど。

 

・俺は誕生日にニコ動にエロ動画うpしてた(どうでもいい)

→なぜURLがない……!!

 

 

17歳はマズイぞ(嫉妬)

→いまは反省している。

 

・しごとの基礎英語って番組がオススメ、結構タメになる

→おおっ!ありがとうございます!過去のやつとか、つべとかにあがってないかなあ。調べてみます!