ラプソディー・イン・ブルー――ガーシュウィン

今日、明日と連休なのです。(この記事は25日の朝に書いてます)やったぜなにしようかな!とウキウキしていたのですが、今日は午前中に病院に行かなきゃだし明日は弟の引っ越しの手伝いだしと大忙しです。休みの日は予定入れたくないのに……チキショウ

 

ビッキー・ホリディです。

 

 

 

毎朝、朝ごはんのあとにケアマネの勉強をしています。めっちゃ難しいです。っていうかややこしいというか。漢字が多いんですよね。法律とか介護サービスの名前とか、制度とか。なので音読しないと頭に入ってきません。ブツブツ言いながらテキストを読んでいます。

 

わからないところは職場の現役のケアマネに訊いてます。言わずもがな、向こうは仕事中なのですが、毎回快く教えてくれるので非常にありがたいです。その人に「もう、いろいろややこしすぎて全然勉強が進みません」と話したら、「まあ、確かにそうですよね。でも私は介福(介護福祉士)の勉強のほうが苦手でしたね。範囲が広いじゃないですか」と。

 

マジか。

 

僕からすれば、介福は現場の経験もあるし、利用者のサマリー(どんな家族構成なのか、どんな病気を持っているのかなどが書かれているやつ)は全フロア分いままでに読んできたし(なにぶん、僕のフロア異動が多かったので)、テキストと問題集を一周しただけで受かったので、難しい印象はないというか、本当に覚えなきゃいけないところは法律や制度の仕組みとか歴史の部分だけだったので、楽は楽だったんですけど……確かに出題の範囲は広いですが、ほとんどは現場経験などで補えていたので、集中すべき範囲は結構削れたんですよ。

 

でもケアマネは、実際どんな仕事内容なのかすらもよくわかってないし、もちろん経験もないので、一から覚えなければなりません。確かに介福と比べれば出題範囲は狭いですが、その分深く理解しないといけないので気が抜けません。

 

テキストを読んでいると、一節に2つは意味のわからない部分があって、それを出勤したときにケアマネに訊いて、で、次の日に読みすすめて、またわからないところが出てきて、訊いて、の繰り返しです。

 

現場経験も、いろんな施設を経験していればまた理解度も違ったのでしょうが、僕はいまの施設しか知らないので、根本的な考え方から矯正しないと、法制度は理解できません。「は?法律の考え方と実際の現場とじゃずいぶん矛盾してんじゃん」ってところがかなりあります。

 

 

 

最近は『君に届け』に夢中で、勉強も気もそぞろだったのですが、風早くんや爽子ちゃんが受験勉強をがんばっているのを読んで、「あ、オレ、こんなことしてる場合じゃねえ」とハッとテキストを開いています。

 

昨日は『君に届け』の最新刊の発売日でした。村上春樹『騎士団長殺し』の発売日でもあったのですが、それは華麗なまでにスルーをして(文庫になったら買います)買ってきました。

 

クリスマスに誕生日に大晦日に元旦にと、イベントが盛りだくさんで、イチャイチャしまくりで、お兄さんはニヤニヤしっぱなしでした。超やばいです、28巻。キュンキュンしすぎて親知らずが抜けるかと思いました。

 

爽子ちゃんがどんどんかわいくなってって、乙女で女の子でいたいけで……でも一番かわいいのは彼氏の風早くんだったりして……

 

昨日は4回読んで、今朝(25日)も2回読んで、ニヘラニヘラしてます。もう僕は完全に可哀想な人間です。

 

でもおかげでそんな可哀想な人間が、可哀想な立場から書く恋愛小説を思いつきました。ハッピーエンドにしようと思っています。

 

問題は書き出しです。最初の。どっから切り込めばいいのか……もうタイトルと内容と結末は決まっているので、冒頭さえ思いつけば……

 

俺は待っていたんだ

眠ってた訳じゃない

いつだってその時を待っていた

(Syrup16g 『変態』)

 

って感じで、この数ヶ月はドラマやアニメ、マンガを観たり読んだりしていました。そうです、ネタ探しです。ネタ探しを口実に堕落した生活を送っているんじゃ、と自分でも思いつつも、やっぱりネタ探しをしていたんです。僕だってただニヤニヤしながら少女漫画を呼んでいたわけじゃ……な……(だんだん自信がなくなってきた)

 

ま、まあ、でも結果的にネタができたので、結果オーライってことで!さあ、これを書いてデビューして、芥川賞を獲って、印税生活だ!そんでゆくゆくはノーベル文学賞に輝いて国民栄誉賞を貰って、綿矢りさと対談して……夢は広がるばかりです。悪いな!春樹!HAHAHA!!

 

あっ……綿矢りさって結婚してんだった……チッ(←モチベーションダダ下がり)

拍手返事

ごはんに塩は赤飯っぽくなるから好き。レンジでチンするタイプのパックのごはんだとなお良い。

→おー、やってみます!おいしそう。

 

・美味しいし1000円で食べ放題なの有能すぎ

→食肉センター、いいですよね。ただ、つい食べ過ぎて歩けなくなるのは事案です。久しぶりにレバー食べたかった……

 

・遅くなったけど、おめでとお

→こちらも遅くなりましたが、ありがとお!10周年にはオフ会ができるくらいのアクセス数になっていればいいなあ……やらないけど。

 

・バーというと銀座のルパンとか行きたいけど、勇気が出ないなオレ(バル関係ねーな)

→GI☆N☆ZA☆とか……いや、それ、怖い……

 

・命綱みたいなのが無いとこのボルダリングだと利用する前にここで怪我とか死亡されても店側は一切責任は負いませんけどいいですか?みたいな契約書書かされるのがくっそ怖かった。女の子のお尻を下から眺めるのたのしい。

→やらないでもお尻を見てるだけで楽しいですね。ちょっと契約書書いてくる。

 

・何かを褒める時にセットで何かを貶すのってクソだと思います。その点、誰も傷つけずに笑いを取れるヒカキンってすごいです。見習ってください。

→ごもっともです。反省してます。僕のようにクソでダニの餌にもならないような人間は、ああいう書き方しかできなかったんです。今後は気をつけます。その点ヒカキンはすごいですよね。漢字にすると非課金。……エンターテイナーの鑑ですよね。

 

・私も文理選択で死にました 悔いのない人生の選択をしていきたいものです

 →選択する前に二者面談とかしてくれればよかったのに、と人のせいにするっていう。

 

・ラブラドールじゃないのか

→バター犬には興味ないです。

 

・会話が弾む職場と言うのはうらやましい

→人間関係が良好なのが唯一の取り柄です。あとは基本ブラックです。

 

・あっ分かる、自律神経が自律神経狂わすみたいなループ状態糞すぎ

→明日、先生と交渉して最低でも頓服用でなにかしら薬をもらいにいきます。じゃないとしんどすぎてヤヴァイです。

 

・シロデココの者ですが、自分なりに誰でも気軽に観れるように気を配っていたはずが、怖いと思われるとは...まさかの想定外

→いや、なんていうか、僕がファンタジーに苦手意識を持っていたせいで、敬遠していただけで、いまではかわいさにやられています。なんで怖かったのかは自分でも説明できません……

 

・文学フリマ、そんなに異質な空間でもねーから大丈夫だよ。

ただ、私はもう出展しないけどなw

→そうですか……ならいいんですけど……1パーセントもわからないので、いまはただただ怖いです。

 

・なぜか後輩が男の前提で読んでた

ノンケのはずなのに

→ここはホモサイトじゃありません!!

 

・今更な話かもしれませんがハンネの由来ってビリー・ホリデイですか?

→そうです!……カッコいいのでそういうことにしたいのですが、実際は筋肉少女帯の曲で『ビッキー・ホリディの唄』ってのがあるんですよ。その曲が大好きで、そのまんま拝借しました。