ドラッグ・オア・メディスン

腰の痛みで目を覚ました。気がつくと俺は床で寝ていたらしい。きしむ身体をゆっくりと持ち上げるようにして起き、煙草に火をつけた。テーブルには食いかけのカップラーメンがあった。しかし俺にはそれを食った覚えはない。

 

またやったのか、と俺はひとりごちた。そう、やはりというか、カップラーメンの横にはミネラルウォーターと医者からもらったばかりの精神安定剤が2シート、カラになったやつが転がっていた。煙草の煙をゆっくりと吐く。ヤニで汚れた壁に陽の差さない窓、押し潰さんとばかりの威圧感のある本棚、それとベッド。それがいまいる場所のすべてだった。そして、それが俺のすべてだった。

 

便所に行きたくなり、俺は煙草をくわえながら立ち上がろうとした。「よいしょ」の「よい」のところで膝が折れ、そのまま倒れてしまった。悪いことに頭を本棚にぶつけ、しがみつこうとしたものだから本棚が倒れて、俺は下敷きになった。片付けるのがめんどくせえな、と思ったところで痛みが走った。頭に手をやるが、幸いにも血は出ていないようだった。

 

今日は人生最悪の日だ。昨日もそうだったが、今日はそれ以上だ。そして明日は今日以上に最悪な日になるだろう。そうだ、そうに決まっている。

 

痛みを感じだすと、あちこちに激痛を感じた。そして胸が苦しい。うまく息ができない。

 

散らばった本を払いのけて、手を床につっぱって、できたわずかな隙間から這うようにして本棚から脱出した。煙草は床に落ちていた。拾い上げると床が焦げていた。煙草を一口吸って、灰皿に突っ込んだ。そして便所へと向かう。

 

また膝が折れそうになり、俺は風呂場のそばの物干しに捕まった。物干しはバスタオルをかけておくだけの粗末なものだったから、簡単に壊れた。俺は顔面を床にしたたかに打ち付けた。鼻血が出た。そのまま四つん這いで便所へ入り、トイレットペーパーを丸めて鼻に突っ込んだ。壁にもたれかかるようにして立ち上がり、便座へ座って用を足した。

 

便所から戻ると一気に現実に引き戻され、この凄惨な部屋を目の当たりにし、それでもかぶりを振ってこれは夢だと言い聞かせるように、俺は床に唾を吐いた。倒れた本棚に腰をかけて、また煙草を吸った。

 

ここのところ、いいことがない。いや、いいことがないのなんて当たり前で、悪いことがなかっただけ御の字と思うべきなのだろうが、なんだか気持ちが上向かず、生きている感じがしなかった。そういうときに昨日のように精神安定剤を一気に飲み、スコッチを水道水でハーフアンドハーフで割ってやっていると、だんだんと温かい布団の中で明日の遠足を楽しみにしているような、そんな気持ちになってくる。そしてそれは次第に、ジッポひとつ持ってエリア51に忍び込み、すべてを燃やし尽くしてやろうというような気持ちになってくるのだった。現実に俺がやったことといえば、せいぜいカップラーメンを食おうとしたくらいのものだが、少なくとも脳内の梅雨前線はどこかへ消え失せるので、それだけでよかった。

 

しかし、それをやると今日のように、現実はさらに残酷な姿をしてやってくる。さらに目を覚ましたときに、脳内の神経細胞が5パーセントくらい死んでいるような、ぼうっとした、そしていやあな感じがして、おまけに身体さえもいうことがきかなくなる。ただ、それもこうして数本煙草を吸えば、いくらかマシにはなる。

 

フィルターまで火がきていたので俺はいま座っている本棚で火を消して、そのへんにうっちゃってしまった。どうにでもなれ、くそったれ。

 

そして改めて立ち上がり、今度は大丈夫だと確認をすると、俺は本棚を起こした。元にあったところへ戻し、本を片付けていく。そういえば最近は読書をしていない。

 

黙々と本をつめている。相変わらず頭は少しやられているようだった。明日は仕事だ。時計を見るとすでに昼過ぎだ。もうなにもかもがバカバカしくなってきた。

 

病院には先週行ったばかりだった。再来週にでもまた行かないと、薬が間に合わない。病院なんていいずくによってはタダで薬が手に入る。俺はその方法を知っている。個人輸入代行が使えなくなった昨今、俺は自力で手に入れることができる。

 

それは果たして毒なのか薬なのか、そんなこと、いまの俺には関係のないことだった。

拍手返事

・命綱みたいなのが無いとこのボルダリングだと利用する前にここで怪我とか死亡されても店側は一切責任は負いませんけどいいですか?みたいな契約書書かされるのがくっそ怖かった。女の子のお尻を下から眺めるのたのしい。

→やらないでもお尻を見てるだけで楽しいですね。ちょっと契約書書いてくる。

 

・何かを褒める時にセットで何かを貶すのってクソだと思います。その点、誰も傷つけずに笑いを取れるヒカキンってすごいです。見習ってください。

→ごもっともです。反省してます。僕のようにクソでダニの餌にもならないような人間は、ああいう書き方しかできなかったんです。今後は気をつけます。その点ヒカキンはすごいですよね。漢字にすると非課金。……エンターテイナーの鑑ですよね。

 

・私も文理選択で死にました 悔いのない人生の選択をしていきたいものです

 →選択する前に二者面談とかしてくれればよかったのに、と人のせいにするっていう。

 

・ラブラドールじゃないのか

→バター犬には興味ないです。

 

・会話が弾む職場と言うのはうらやましい

→人間関係が良好なのが唯一の取り柄です。あとは基本ブラックです。

 

・あっ分かる、自律神経が自律神経狂わすみたいなループ状態糞すぎ

→明日、先生と交渉して最低でも頓服用でなにかしら薬をもらいにいきます。じゃないとしんどすぎてヤヴァイです。

 

・シロデココの者ですが、自分なりに誰でも気軽に観れるように気を配っていたはずが、怖いと思われるとは...まさかの想定外

→いや、なんていうか、僕がファンタジーに苦手意識を持っていたせいで、敬遠していただけで、いまではかわいさにやられています。なんで怖かったのかは自分でも説明できません……

 

・文学フリマ、そんなに異質な空間でもねーから大丈夫だよ。

ただ、私はもう出展しないけどなw

→そうですか……ならいいんですけど……1パーセントもわからないので、いまはただただ怖いです。

 

・なぜか後輩が男の前提で読んでた

ノンケのはずなのに

→ここはホモサイトじゃありません!!

 

・今更な話かもしれませんがハンネの由来ってビリー・ホリデイですか?

→そうです!……カッコいいのでそういうことにしたいのですが、実際は筋肉少女帯の曲で『ビッキー・ホリディの唄』ってのがあるんですよ。その曲が大好きで、そのまんま拝借しました。

 

・地下鉄と再評価で、東上線は今人気上がってますよ(特に和光市)

西武に勝つ日も近いぞ!

→和光は道路も再開発されてますからね。バイパスできるし大型ショッピングモールできるし。すごいです。そのイキオイに乗り損ねそうな我が街です……