アルコホリック・ゾング

「真理が女だとすると――どうだろう?」

 

なんてどっかの酔狂な野郎がほざいていたが、おれからすれば真理なんてドーナツのように真ん中が無くて、女なんてすべからく大嘘つきなんだから、結局のところ見えないままわからないってもんだ。

 

そのとき、おれは夢を見ていたのかもしれない。

 

窓からそそぐ陽の光が鬱陶しくて、そんな理由で人が殺せるのも、わからなくはないななんて思っていた。

 

神に接吻するのはゴメンだが、バッカスに限ってなら考えてみてもいいと、口に出してみた。バカバカしくなってカナディアンクラブをラッパ飲みした。ボトルを置いてゲップをした。ちょっと胃液がこみ上げてきた。バッファロー’66を観ていたのをそこで思い出した。

 

最悪だ、とおれはまた口に出した。

 

「なにが」

 

なにがって、全部がだよ。

 

「そんなこと、わかりきったことじゃない」

 

あんた誰だ。

 

「それはあなたが一番よく知っている」

 

部屋にはおれだけしかいない。でもおれは確実に誰かと会話をしている。クスクスと笑う声が聞こえた。なにがおかしいんだよ。

 

「全部が、よ」

 

ふざけんじゃねえ!!

 

その声は確かにおれがよく知っている人の声だった。だが、もう昔のことだし、忘れた。忘れようとしていた。なんにしても二度と聞きたくない声だった。

 

昔のことなんて、とっくにそこへ捨ててきたし、もうなにも得るまいと、おれはマイナス200度の情熱だけを持って生きてきた。そんな腐った魂なら、メフィストフェレスにでもタダでくれてやろうかなんて思ったこともある。――もしかしたら、この声こそがおれのメフィストフェレスなのかもしれない。小さな笑い声がまた聞こえてきた。

 

流れっぱなしの映画。何回観たことだろう。おれはボウリングが嫌いだ。観るたびにそう思う。いまもそうだ。

 

「ずいぶん冷めた目をしてるのね」

 

おかげさまでな。

 

「わたしのせいって言いたいの?」

 

そうは言わない。誰かのせいなんかじゃないし、もしそうだったとしてもそれを許すのが男ってもんだろう。

 

「情熱的なのね」

 

あるいはね。

 

「ねえ、いつになったら飲むのをやめるの?」

 

死ぬときか、あとはもう一度恋をしたときか。まあ、酒は身体にいいからな。なんせ飲むと手の震えが止まるんだ。

 

「バカみたい」

 

だろうね。

 

気がつくとおれは笑っていた。そのことに我ながら驚いた。笑っているうちに涙が出てきて、おれはそのまま突っ伏して泣いた。なんで泣いているのか、それはわからなかった。でも、とにかく、痛いのと痒いのとくすぐったいのが一緒に、それも強烈に襲ってきたような感じがして、おれは耐えることができなかった。

 

気がついたのは朝で、それは紛れもなく朝だった。窓の外を見て朝だと確認すると、おれはまた眠った。

拍手返事

ごはんに塩は赤飯っぽくなるから好き。レンジでチンするタイプのパックのごはんだとなお良い。

→おー、やってみます!おいしそう。

 

・美味しいし1000円で食べ放題なの有能すぎ

→食肉センター、いいですよね。ただ、つい食べ過ぎて歩けなくなるのは事案です。久しぶりにレバー食べたかった……

 

・遅くなったけど、おめでとお

→こちらも遅くなりましたが、ありがとお!10周年にはオフ会ができるくらいのアクセス数になっていればいいなあ……やらないけど。

 

・バーというと銀座のルパンとか行きたいけど、勇気が出ないなオレ(バル関係ねーな)

→GI☆N☆ZA☆とか……いや、それ、怖い……

 

・命綱みたいなのが無いとこのボルダリングだと利用する前にここで怪我とか死亡されても店側は一切責任は負いませんけどいいですか?みたいな契約書書かされるのがくっそ怖かった。女の子のお尻を下から眺めるのたのしい。

→やらないでもお尻を見てるだけで楽しいですね。ちょっと契約書書いてくる。

 

・何かを褒める時にセットで何かを貶すのってクソだと思います。その点、誰も傷つけずに笑いを取れるヒカキンってすごいです。見習ってください。

→ごもっともです。反省してます。僕のようにクソでダニの餌にもならないような人間は、ああいう書き方しかできなかったんです。今後は気をつけます。その点ヒカキンはすごいですよね。漢字にすると非課金。……エンターテイナーの鑑ですよね。

 

・私も文理選択で死にました 悔いのない人生の選択をしていきたいものです

 →選択する前に二者面談とかしてくれればよかったのに、と人のせいにするっていう。

 

・ラブラドールじゃないのか

→バター犬には興味ないです。

 

・会話が弾む職場と言うのはうらやましい

→人間関係が良好なのが唯一の取り柄です。あとは基本ブラックです。

 

・あっ分かる、自律神経が自律神経狂わすみたいなループ状態糞すぎ

→明日、先生と交渉して最低でも頓服用でなにかしら薬をもらいにいきます。じゃないとしんどすぎてヤヴァイです。

 

・シロデココの者ですが、自分なりに誰でも気軽に観れるように気を配っていたはずが、怖いと思われるとは...まさかの想定外

→いや、なんていうか、僕がファンタジーに苦手意識を持っていたせいで、敬遠していただけで、いまではかわいさにやられています。なんで怖かったのかは自分でも説明できません……

 

・文学フリマ、そんなに異質な空間でもねーから大丈夫だよ。

ただ、私はもう出展しないけどなw

→そうですか……ならいいんですけど……1パーセントもわからないので、いまはただただ怖いです。

 

・なぜか後輩が男の前提で読んでた

ノンケのはずなのに

→ここはホモサイトじゃありません!!

 

・今更な話かもしれませんがハンネの由来ってビリー・ホリデイですか?

→そうです!……カッコいいのでそういうことにしたいのですが、実際は筋肉少女帯の曲で『ビッキー・ホリディの唄』ってのがあるんですよ。その曲が大好きで、そのまんま拝借しました。