「全ての人に敬意を払い、ただの一人にも媚びるべからず」

昔から僕は、なんとなく周りと打ち解けることができなかった。

 

その原因は自分にあって、他人に対する興味が薄かったこと。というよりは、「他人は他人、自分は自分」という意識が強すぎたからだと思っている。

 

他人のやることに口出しはしないから、僕のやっていることにもなにも言わないでくれ。といったような、ある種モンロー主義が自分の中であった。

 

その結果もたらされたのは、孤立

 

でも、僕はそれでいいと思っていた。イギリスの外交じゃないけど、これは栄光ある孤立なのだと。自分のもとから人が去っていくのは、それは寂しくもあったけど、仕方のないことだとすぐに割り切れた。

 

「早くから孤独になじみ、まして孤独を愛するところまできた人は、金鉱を手に入れたようなものだ」

 

とショーペンハウアーは言った。さらに彼はこんなことを言っている。

 

「孤独を愛さない人間は、自由を愛さない人間になってしまう。

 なぜなら、孤独でいるときにのみ、人間は自由になれるのだから」

 

だから僕もなるべく……というよりすでに孤立しているのだから、そこに特に修正を加えることなく生活してきた。

 

それでいいと思っていた。

 

他の人からは「寂しくないの?」なんて言われたりもしたけど、そんなことは全然なかった。本を読んだり、小説を書いたり、たまにひとりで出かけたり、僕はそれで満ち足りていた。

 

だけど、去年、友人たちの結婚式に何度か招待され、行ってみると、そこには僕からは想像もし得ない、幸福がそこにはあった。それは前に僕が捨てた、あるいは諦めたものだった。

 

結婚。

 

僕には不思議でならなかった。そりゃおめでたいことだし、幸せなことだとはわかる。だけど、僕は僕で、それとは関係のないところで、それなりに楽しい生活を送っている。だけど、皆が皆、結婚をしたがる理由がわからなかった。

 

そんなときに、この言葉に出会った。

 

 

 

「全ての人に敬意を払い、ただの一人にも媚びるべからず」

 

 

 

僕は、この言葉を骨に刻みつけた。

 

いままでの僕は、他人に対する敬意がなかった。無関心を貫いていた。「他人は他人。自分は自分」と。

 

しかし「他人は他人。自分は自分」、同じ言葉でも、僕の中で意味は大きく違うものになった。

 

チバユウスケの言葉を借りれば、「いいも悪いもそいつの感性」

 

これはショーペンハウアーが『意志と表象としての世界』で示していることと相似している。

 

つまり「本当に正しいこと」なんてどこにもなく、それぞれがそれぞれの信念を持って生きている。それを受け入れることが必要だと気付いた。

 

なにが正しいなんてわからない。未来は自分の向いている方で決まる。

 

だったら、他人が自分の道を進むことに、その勇気ある一歩に、僕は敬意を表したい。

 

そして、僕は僕で、ただの一人にも媚びることなく、毅然と自分の道を進みたい。

 

 

 

「人生は見かけ通り醜いが、三四日生きるには値する。なんとかやれそうだとは思わないか?」

 

 

 

チャールズ・ブコウスキーは言った。

 

確かに人生は醜い。だからこそ、誇りをもって生きていきたい。……他人への敬意とともに。

拍手返事

・命綱みたいなのが無いとこのボルダリングだと利用する前にここで怪我とか死亡されても店側は一切責任は負いませんけどいいですか?みたいな契約書書かされるのがくっそ怖かった。女の子のお尻を下から眺めるのたのしい。

→やらないでもお尻を見てるだけで楽しいですね。ちょっと契約書書いてくる。

 

・何かを褒める時にセットで何かを貶すのってクソだと思います。その点、誰も傷つけずに笑いを取れるヒカキンってすごいです。見習ってください。

→ごもっともです。反省してます。僕のようにクソでダニの餌にもならないような人間は、ああいう書き方しかできなかったんです。今後は気をつけます。その点ヒカキンはすごいですよね。漢字にすると非課金。……エンターテイナーの鑑ですよね。

 

・私も文理選択で死にました 悔いのない人生の選択をしていきたいものです

 →選択する前に二者面談とかしてくれればよかったのに、と人のせいにするっていう。

 

・ラブラドールじゃないのか

→バター犬には興味ないです。

 

・会話が弾む職場と言うのはうらやましい

→人間関係が良好なのが唯一の取り柄です。あとは基本ブラックです。

 

・あっ分かる、自律神経が自律神経狂わすみたいなループ状態糞すぎ

→明日、先生と交渉して最低でも頓服用でなにかしら薬をもらいにいきます。じゃないとしんどすぎてヤヴァイです。

 

・シロデココの者ですが、自分なりに誰でも気軽に観れるように気を配っていたはずが、怖いと思われるとは...まさかの想定外

→いや、なんていうか、僕がファンタジーに苦手意識を持っていたせいで、敬遠していただけで、いまではかわいさにやられています。なんで怖かったのかは自分でも説明できません……

 

・文学フリマ、そんなに異質な空間でもねーから大丈夫だよ。

ただ、私はもう出展しないけどなw

→そうですか……ならいいんですけど……1パーセントもわからないので、いまはただただ怖いです。

 

・なぜか後輩が男の前提で読んでた

ノンケのはずなのに

→ここはホモサイトじゃありません!!

 

・今更な話かもしれませんがハンネの由来ってビリー・ホリデイですか?

→そうです!……カッコいいのでそういうことにしたいのですが、実際は筋肉少女帯の曲で『ビッキー・ホリディの唄』ってのがあるんですよ。その曲が大好きで、そのまんま拝借しました。