ウケる文章力

……さて、↑のタイトルをつけてみたはいいものの、圧倒的な羊頭狗肉の感が否めない恐ろしさと戦ってます。


テキストサイトで使われる(使える)テクニックをお話したいと思いますが、なにぶん僕自身も探り探りなものなので、どうなるかは書き終わらないとわかりません。つまりなんの責任も負えません。負うのは債務だけでいいです。


まず、基本というか、最初にお話したいのは、どんなテクニックよりも大事な、テンションです。


もう少し言うと抑揚です。


同じ話を書いても、テンションの違いで笑えるか、それとも「へえ」で終わるのか、かなり差がつきます。これは文章だけでなく、喋るときもそうですが、たとえば


今日、出勤途中で道にカバンが落ちてたんですよ、で、中に札束でも入ってないかなって思って開けてみたんです。持ってみるとそれなりに重かったし、札束が入ってたら速攻で会社に電話して今日付で辞めようと思って、パスポート取ってバリにでも行こうと。バリですよバリ。青い海を眺めながらオネエチャンの乳首をまさぐるところまで想像して開けたんです。




クツが入ってました。




は?お前、あのさあ、えっ?なに?札束は?俺の札束は?俺のバリは?俺の乳首は?乳首は俺のじゃねえよ。


こんな感じの書き方と、↓とでは


今日、出勤途中で道にカバンが落ちてたんですよ。中に札束でも入ってないかなあなんて思って開けてみると、なぜかクツが入ってました。


これだけの差があります。


なので面白い話を書こうと力むのではなく、乱暴にいえばテンションが高けりゃなんでも面白くなるんです。


もちろん、テクニックも必要ですが、まずはこのテンションを上げるということを頭に置いてもらえればと思います。


ここからは、↑の文章を元にテクニックの部分を解説していきます。


二通りの文章を見比べて、まずはっきりとわかるのは、文章量の違いです。


つまり、面白くするにはディティールの細かさが必要なわけです。ですが、ただあったことを事細かに書いたのではダメです。必要なのは信憑性を高めるディティールと、妄想を助長するディティールです。


カバンが落ちていて、中に札束が入っていないかなという、ありふれた妄想を、「持ってみるとそれなりに重かったし」と読者を一瞬でも信じさせ、札束が入ってたら速攻で会社に電話して今日付で辞めようと思って、パスポート取ってバリにでも行こうと。バリですよバリ。青い海を眺めながらオネエチャンの乳首をまさぐるところまで想像して」と妄想を二周三周と広げていく、そういうイメージです。後者の妄想を助長させるディティールは、ぶっ飛んでいればぶっ飛んでいるほど面白くなります。


想像力をはたらかせるのではなく、ひとつの妄想からもうひとつの妄想へ繋げるときに、その距離が離れていれば離れているほど面白くなります。イメージだけでいうとキャッチボールをしているのにあさっての方向に思いっきりブン投げる感じです。それを何度も繰り返すうちに妄想が広がっていきます。


そしてオチとなる部分が「クツが入っていた」の部分です。妄想を広げ、テンションが上がったところで、数行開けて一言「クツが入っていました」と書くことでガッカリ感も伝えられますし、なにより妄想していたときとのギャップを与えることができます。このギャップこそがテンションのコントロールです。


先に「テンションが高けりゃなんでも面白くなる」と書きましたが、それはテンションを上げて書くと、地で書いたときにものすごくテンションが低く感じられる、つまり抑揚がつけやすい、テンションのコントロールがしやすいという意味です。


最後のは?お前、あのさあ、えっ?なに?札束は?俺の札束は?俺のバリは?俺の乳首は?乳首は俺のじゃねえよ」のところで下がったテンションを怒りという形でまた上げています。しかし今度は一度落ちたテンションを無理やり上げているので、混乱しています。


この混乱している部分、最後「乳首は俺のじゃねえよ」の自分ツッコミも、テンションを上げて、文章を混乱させているために有効になっています。普通のテンションでこれをやるとだいたいスベります。


このほかにも漫画などのセリフを流用する「パロディ」、テキストサイトでは鉄板の「下ネタ」「自虐」などありますが、まあ、これは解説の必要はないでしょう。


ただ、最後の「自虐」に関しては、「悲しいこと、個人的に嫌なことを書く」ことではなく「最後に自分を悪者にしてオチを書く」、そういう書き方のほうが有効です。このサイトで書いた債務整理の件でそれは感じました。


後者のいいところは、どんなに口汚く罵ってもそれが自分自身のことだから誰も傷つかない、つまり敵を作らないところです。敵を作ったほうが面白いことももちろんありますが、あれはまた違ったテクニックが必要です。




いかがでしたか?みなさんのテキストサイトライフに少しは役に立てれば幸いです。

拍手返事

ごはんに塩は赤飯っぽくなるから好き。レンジでチンするタイプのパックのごはんだとなお良い。

→おー、やってみます!おいしそう。

 

・美味しいし1000円で食べ放題なの有能すぎ

→食肉センター、いいですよね。ただ、つい食べ過ぎて歩けなくなるのは事案です。久しぶりにレバー食べたかった……

 

・遅くなったけど、おめでとお

→こちらも遅くなりましたが、ありがとお!10周年にはオフ会ができるくらいのアクセス数になっていればいいなあ……やらないけど。

 

・バーというと銀座のルパンとか行きたいけど、勇気が出ないなオレ(バル関係ねーな)

→GI☆N☆ZA☆とか……いや、それ、怖い……

 

・命綱みたいなのが無いとこのボルダリングだと利用する前にここで怪我とか死亡されても店側は一切責任は負いませんけどいいですか?みたいな契約書書かされるのがくっそ怖かった。女の子のお尻を下から眺めるのたのしい。

→やらないでもお尻を見てるだけで楽しいですね。ちょっと契約書書いてくる。

 

・何かを褒める時にセットで何かを貶すのってクソだと思います。その点、誰も傷つけずに笑いを取れるヒカキンってすごいです。見習ってください。

→ごもっともです。反省してます。僕のようにクソでダニの餌にもならないような人間は、ああいう書き方しかできなかったんです。今後は気をつけます。その点ヒカキンはすごいですよね。漢字にすると非課金。……エンターテイナーの鑑ですよね。

 

・私も文理選択で死にました 悔いのない人生の選択をしていきたいものです

 →選択する前に二者面談とかしてくれればよかったのに、と人のせいにするっていう。

 

・ラブラドールじゃないのか

→バター犬には興味ないです。

 

・会話が弾む職場と言うのはうらやましい

→人間関係が良好なのが唯一の取り柄です。あとは基本ブラックです。

 

・あっ分かる、自律神経が自律神経狂わすみたいなループ状態糞すぎ

→明日、先生と交渉して最低でも頓服用でなにかしら薬をもらいにいきます。じゃないとしんどすぎてヤヴァイです。

 

・シロデココの者ですが、自分なりに誰でも気軽に観れるように気を配っていたはずが、怖いと思われるとは...まさかの想定外

→いや、なんていうか、僕がファンタジーに苦手意識を持っていたせいで、敬遠していただけで、いまではかわいさにやられています。なんで怖かったのかは自分でも説明できません……

 

・文学フリマ、そんなに異質な空間でもねーから大丈夫だよ。

ただ、私はもう出展しないけどなw

→そうですか……ならいいんですけど……1パーセントもわからないので、いまはただただ怖いです。

 

・なぜか後輩が男の前提で読んでた

ノンケのはずなのに

→ここはホモサイトじゃありません!!

 

・今更な話かもしれませんがハンネの由来ってビリー・ホリデイですか?

→そうです!……カッコいいのでそういうことにしたいのですが、実際は筋肉少女帯の曲で『ビッキー・ホリディの唄』ってのがあるんですよ。その曲が大好きで、そのまんま拝借しました。