ごめんね、チャップリン

あれは寝苦しい夏で夜だった

ヴウウウウン、ヴウウウウンって耳鳴りがするんだ

明日も早いんだし、勘弁してくれよって思ったね

でもだんだんその耳鳴りが

言葉を紡いでいくんだ


「やあ、あんた何者だい?」


それはこっちが訊きたいよ。


そういやここんところくに夢なんて見なかった

寝ているときも、起きているときも


「悲しいことを言うなよ、俺だってそりゃ夢はあるさ。だけど――」


だけど?


「せめて男なら、他人(ひと)馬鹿にされても胸を張って生きていけよ。

 野暮な人生だって、卑屈になっちゃおしまいさ。

 それでも自分の生き方を貫けよ。じゃなきゃ男じゃないだろう」


俺たちはいつの間にか会話をしていた。口に出していたわけじゃない。

なにかこう、テレパシーのようなものなのだろうか、

とにかく、俺たちは会話をしていた。


「人を信用するってのは、

 そいつなら裏切られてもいいって覚悟があるってことなんだ。

 愛とはとどのつまり信じ抜く力だよ」


あいにく俺には関係のない話でね。


「それは君が気づいていないだけさ。愛する人はいないかもしれない。

 だけど愛すべき人間ならいるはずだ、そうだろう?」


なあ、あんた何者なんだ?


「それはこっちが訊きたいよ」


俺は鼻で笑った。くだらない。


「君にもいずれわかるときが来るさ。それまで忘れないでいてくれよ。

 ――人生に意味なんてないんだよ。あるのは願望さ。

 さあ、君はどう生きる?」


さあね。


「……それでもいいさ。とにかく、君は君で生きればいい。

 誰がなにを言おうと、ね。

 人は人じゃ変われないんだ。変われるとすれば自分の強い意志によるものだけさ。

 誰かを救おうなんて、おこがましいとは思わないか?

 自分自身さえどうしようもできないのに、は、は、は」


俺も小さく笑った。


「ごめんね、チャップリン。

 俺は悲観的にしかモノを考えられないからさ。

 ユーモアもアイロニーも持ち合わせていないもんでね。

 だけど、たまにはそんな奴もいていいだろう?

 ホンの少し、頭の使い方が違うだけさ。そう、それだけさ……」


ヴウウウウン、ヴウウウウン、ヴウウウウウン……


拍手返事

・命綱みたいなのが無いとこのボルダリングだと利用する前にここで怪我とか死亡されても店側は一切責任は負いませんけどいいですか?みたいな契約書書かされるのがくっそ怖かった。女の子のお尻を下から眺めるのたのしい。

→やらないでもお尻を見てるだけで楽しいですね。ちょっと契約書書いてくる。

 

・何かを褒める時にセットで何かを貶すのってクソだと思います。その点、誰も傷つけずに笑いを取れるヒカキンってすごいです。見習ってください。

→ごもっともです。反省してます。僕のようにクソでダニの餌にもならないような人間は、ああいう書き方しかできなかったんです。今後は気をつけます。その点ヒカキンはすごいですよね。漢字にすると非課金。……エンターテイナーの鑑ですよね。

 

・私も文理選択で死にました 悔いのない人生の選択をしていきたいものです

 →選択する前に二者面談とかしてくれればよかったのに、と人のせいにするっていう。

 

・ラブラドールじゃないのか

→バター犬には興味ないです。

 

・会話が弾む職場と言うのはうらやましい

→人間関係が良好なのが唯一の取り柄です。あとは基本ブラックです。

 

・あっ分かる、自律神経が自律神経狂わすみたいなループ状態糞すぎ

→明日、先生と交渉して最低でも頓服用でなにかしら薬をもらいにいきます。じゃないとしんどすぎてヤヴァイです。

 

・シロデココの者ですが、自分なりに誰でも気軽に観れるように気を配っていたはずが、怖いと思われるとは...まさかの想定外

→いや、なんていうか、僕がファンタジーに苦手意識を持っていたせいで、敬遠していただけで、いまではかわいさにやられています。なんで怖かったのかは自分でも説明できません……

 

・文学フリマ、そんなに異質な空間でもねーから大丈夫だよ。

ただ、私はもう出展しないけどなw

→そうですか……ならいいんですけど……1パーセントもわからないので、いまはただただ怖いです。

 

・なぜか後輩が男の前提で読んでた

ノンケのはずなのに

→ここはホモサイトじゃありません!!

 

・今更な話かもしれませんがハンネの由来ってビリー・ホリデイですか?

→そうです!……カッコいいのでそういうことにしたいのですが、実際は筋肉少女帯の曲で『ビッキー・ホリディの唄』ってのがあるんですよ。その曲が大好きで、そのまんま拝借しました。