バイバイ、ルル

最後にルルを見たのはいつのことだろう。


今日みたいな雨の日だった気もするし、よく晴れた日曜日だったような気もする。


とにかく、もうルルはもういない。


ルルのことを考えるときは決まってひとりで酒を飲んでいるときで、それも気の滅入る酔い方をしているときだ。


気晴らしに飲んでいるはずがどんどん沈んでいって、そのくせ頭は冴えていくような、そんな酔い方をしているときだ。酔っ払って寝ちまおうと思っても、眠気はやってこず、流しているアルバムの曲が延々とリピートし続けている。


おれは舌打ちをして飲み始めてから57本目の煙草を灰皿に突っ込んだ。吸い殻が何本かこぼれ落ちた。


酒を作ろうと立ち上がるとよろけてテーブルにぶつかって、空き缶が床に落ちた。それを蹴っ飛ばしてカティーサークの水割りを作る。


戻ってくると、ルルが座っていた。


「あなた、まだこんなことをしているの」


「もう、これっきりだよ」


「嘘。これからも、でしょ」


「先のことなんてわからない」


ルルはため息をついた。時計を見ると午前4時だった。


「じゃあね」


ルルは玄関から出ていった……




おれはルルに電話をした。訝しげな声色で、ルルは応答した。


「もしもし、おれだよ」


「どうしたの、こんな時間に」


受話口の向こうから声がする。誰からだよこんな時間に。昔の彼よ。なんで。わからないわ。


「もしもし」


「なにか用事?」


「いや……なんていうか……」


「なにもないなら切るわよ。朝早いから」


「そっか……ごめん」


「みんながみんな、あんたみたいな人間じゃないんだから」


おれはなにも言えなかった。


「わたしだって、もうあんたとは関係ないんだから」


「わかったよ、ごめん……その……おやすみ」


「うん、じゃあね」




おれは水割りの入ったグラスを壁に投げつけた。グラスが粉々になったのを見ても、気は晴れなかった。


ジャック・ダニエルのボトルを持ってきて、そのまま飲んだ。畜生。


さらに飲んだ。畜生。


畜生、畜生、畜生……




仰向けになって見た天井はグルグルと反時計回りに回っていて、それを見ているうちに陽が昇るころには、おれだってまともな人間になっているはずだという気がしてきた。


いつものように、誰にでも平等に、おれにだって分け隔てなく、太陽さえ昇ってくれれば。


それまでは飲み続けよう。


バイバイ、ルル。

拍手返事

ごはんに塩は赤飯っぽくなるから好き。レンジでチンするタイプのパックのごはんだとなお良い。

→おー、やってみます!おいしそう。

 

・美味しいし1000円で食べ放題なの有能すぎ

→食肉センター、いいですよね。ただ、つい食べ過ぎて歩けなくなるのは事案です。久しぶりにレバー食べたかった……

 

・遅くなったけど、おめでとお

→こちらも遅くなりましたが、ありがとお!10周年にはオフ会ができるくらいのアクセス数になっていればいいなあ……やらないけど。

 

・バーというと銀座のルパンとか行きたいけど、勇気が出ないなオレ(バル関係ねーな)

→GI☆N☆ZA☆とか……いや、それ、怖い……

 

・命綱みたいなのが無いとこのボルダリングだと利用する前にここで怪我とか死亡されても店側は一切責任は負いませんけどいいですか?みたいな契約書書かされるのがくっそ怖かった。女の子のお尻を下から眺めるのたのしい。

→やらないでもお尻を見てるだけで楽しいですね。ちょっと契約書書いてくる。

 

・何かを褒める時にセットで何かを貶すのってクソだと思います。その点、誰も傷つけずに笑いを取れるヒカキンってすごいです。見習ってください。

→ごもっともです。反省してます。僕のようにクソでダニの餌にもならないような人間は、ああいう書き方しかできなかったんです。今後は気をつけます。その点ヒカキンはすごいですよね。漢字にすると非課金。……エンターテイナーの鑑ですよね。

 

・私も文理選択で死にました 悔いのない人生の選択をしていきたいものです

 →選択する前に二者面談とかしてくれればよかったのに、と人のせいにするっていう。

 

・ラブラドールじゃないのか

→バター犬には興味ないです。

 

・会話が弾む職場と言うのはうらやましい

→人間関係が良好なのが唯一の取り柄です。あとは基本ブラックです。

 

・あっ分かる、自律神経が自律神経狂わすみたいなループ状態糞すぎ

→明日、先生と交渉して最低でも頓服用でなにかしら薬をもらいにいきます。じゃないとしんどすぎてヤヴァイです。

 

・シロデココの者ですが、自分なりに誰でも気軽に観れるように気を配っていたはずが、怖いと思われるとは...まさかの想定外

→いや、なんていうか、僕がファンタジーに苦手意識を持っていたせいで、敬遠していただけで、いまではかわいさにやられています。なんで怖かったのかは自分でも説明できません……

 

・文学フリマ、そんなに異質な空間でもねーから大丈夫だよ。

ただ、私はもう出展しないけどなw

→そうですか……ならいいんですけど……1パーセントもわからないので、いまはただただ怖いです。

 

・なぜか後輩が男の前提で読んでた

ノンケのはずなのに

→ここはホモサイトじゃありません!!

 

・今更な話かもしれませんがハンネの由来ってビリー・ホリデイですか?

→そうです!……カッコいいのでそういうことにしたいのですが、実際は筋肉少女帯の曲で『ビッキー・ホリディの唄』ってのがあるんですよ。その曲が大好きで、そのまんま拝借しました。