Radio Ga Ga

雨振りそうだったんで、ツーリングには行きませんでした。

 

雨、降りませんでしたね。降れよ。

 

ビッキー・ホリディです。

 

 

 

自分がMなのか、Sなのか、いまひとつわからず、いくつか診断をやってみました。

 

 

 

まさかの全部、出る答えが違うという。

 

 

 

ドSと言われたり、ドMと言われたり、ソフトMと言われたり、どっちでもないと言われたり。

 

なんなんだこれは。

 

自分で思うに、Mだと思うんですけどね。タイトスカート履いたお姉さんにヘッドロックしてもらいたい願望とかありますし。

 

もう、ほんとどうしようもない豚ですからね、僕は。

 

ただ、そんな僕に、「私、Mなんですよー」と職場の後輩が言ってきて。

 

 

 

Mを舐めるなよ、と。

 

Mなんですって言っときゃ男が喜ぶとは限らねえんだからな!と。

 

それからというもの、

「ちょっとマック買ってきて」

「お昼休み行ってきなよ。5分ね

「ちょっとそこの棚の上のやつ取って。え、チビだから取れないの?じゃあしょうがないから『私がチビに生まれてきたばっかりにお手数おかけしてすみません』って言ったら取ってあげるよ」

 

等々、僕のM審査が入りました。

 

「ひどい……」

「どうしてそういうこと言うんですか!もうっ!」

「もう嫌いだ……」

 

彼女は見事に審査を合格しました。いやあ、ベッドの上が楽しみですね。(ゲス顔)

 

でも、たまに無茶ぶりしてくるときもあって、

 

 

後輩「なんか商品券が出てきて、これでフロアで必要なもの買いましょうよ」

僕 「そうだね。遊び道具がほしいよね。パズルとか、けん玉とかそういうの」

後輩「じゃあ買ってきてください」

 

と。なにこれ。いままでのMっぽい感じはブラフだったの?それとも欲しがってるの?

 

その度に「『私はバカでブタで肥溜め以下の人間なんでそれなのに生きていてすみません』って言ったらいいよ」などと言っているんですけど、そろそろ語彙が尽きそうです。

 

で、「やめてください!そんなこと言うわけないじゃないですか!」って言われるんですけど。言ってくれないのかあ……。

 

仕事中なんで、あまりそれ以上は踏み込めないのが残念至極なんです。

 

この間はえっちが下手なんですとか言い始めて。しらんがなと喉まで出かかって、それをぐっと抑えて「ああ、マグロそうだもんね」と言ったらニヤニヤしはじめました。

 

 

 

なんかだんだんからかうのが楽しくなってきて、なにかに目覚めそうです。

 

仕事のモチベーションの半分くらいはたぶん、この後輩になにを言ってやろうかってことで占めていると思います。

 

冒頭で僕はMだと言いましたが、実はSなのかも……それか、案外、両方いけるのかもしれない……

 

 

 

だから女王様、その貧乏くせえ、ダサい上に似合ってないハイヒールで私めを踏んづけろよ、ほら、早くしろよ!

拍手返事

・命綱みたいなのが無いとこのボルダリングだと利用する前にここで怪我とか死亡されても店側は一切責任は負いませんけどいいですか?みたいな契約書書かされるのがくっそ怖かった。女の子のお尻を下から眺めるのたのしい。

→やらないでもお尻を見てるだけで楽しいですね。ちょっと契約書書いてくる。

 

・何かを褒める時にセットで何かを貶すのってクソだと思います。その点、誰も傷つけずに笑いを取れるヒカキンってすごいです。見習ってください。

→ごもっともです。反省してます。僕のようにクソでダニの餌にもならないような人間は、ああいう書き方しかできなかったんです。今後は気をつけます。その点ヒカキンはすごいですよね。漢字にすると非課金。……エンターテイナーの鑑ですよね。

 

・私も文理選択で死にました 悔いのない人生の選択をしていきたいものです

 →選択する前に二者面談とかしてくれればよかったのに、と人のせいにするっていう。

 

・ラブラドールじゃないのか

→バター犬には興味ないです。

 

・会話が弾む職場と言うのはうらやましい

→人間関係が良好なのが唯一の取り柄です。あとは基本ブラックです。

 

・あっ分かる、自律神経が自律神経狂わすみたいなループ状態糞すぎ

→明日、先生と交渉して最低でも頓服用でなにかしら薬をもらいにいきます。じゃないとしんどすぎてヤヴァイです。

 

・シロデココの者ですが、自分なりに誰でも気軽に観れるように気を配っていたはずが、怖いと思われるとは...まさかの想定外

→いや、なんていうか、僕がファンタジーに苦手意識を持っていたせいで、敬遠していただけで、いまではかわいさにやられています。なんで怖かったのかは自分でも説明できません……

 

・文学フリマ、そんなに異質な空間でもねーから大丈夫だよ。

ただ、私はもう出展しないけどなw

→そうですか……ならいいんですけど……1パーセントもわからないので、いまはただただ怖いです。

 

・なぜか後輩が男の前提で読んでた

ノンケのはずなのに

→ここはホモサイトじゃありません!!

 

・今更な話かもしれませんがハンネの由来ってビリー・ホリデイですか?

→そうです!……カッコいいのでそういうことにしたいのですが、実際は筋肉少女帯の曲で『ビッキー・ホリディの唄』ってのがあるんですよ。その曲が大好きで、そのまんま拝借しました。