あわよくば人生なんて風まかせ――ビッキー・ホリディ的アフォリズム2

・目に見える世界というものはあくまで自分自身が認識している現象にすぎない。言い換えれば自分自身という映写機から映し出される映像であるから、他人には各々の映写機があり各々の映像を映し出している。つまり目に見える世界とは各人がそれぞれに映し出している映像であり、目に見える世界そのものもそれら映写機によって違ったものになる。それが人と人が分かり合えない所以である。


・生きんとする意志、盲目的なその衝動によって人は動かされる。それが人生そのものである。


・最初から期待をしないこと。見返りを求めないこと。そうしていれば万が一なにかしらお返しがあったときにラッキーだと思える。期待をしなければ裏切られることもない。


・人には敬意を払い、謙虚に、それでいて高貴な精神を忘れないこと。


・優しさとはとどのつまり期待をしないということにほかならない。


・熟慮に熟慮を重ねた上での留保。これができる勇気。


・絶望の果てに見えるものを掴め。


・我々は手札のカードを選ぶことはできないが、使い方を知ることはできる。


・金とはシステムでしかない。しかしそのシステムが巨大で、多くの人はシステムに支配されている。必要なのはそのシステムを使いこなすこと。貧乏がいいことではないが、同じように金持ちが素晴らしいわけでもない。


・その人が怜悧な人物かどうかを見極めるには、わざと相手に伝わらない言葉を選んで話すこと。「どういう意味なの」と返すか「わからないや」と返すかで決まる。


・自殺とはこの世界からの解脱ではなく脱落であり、敗北を認めることである。


・孤独な人とは、語るべき言葉を持ち合わせておらず、彼の思想が理解され得ないことを知っている人である。


・一度全てを失ってから全てが始まる。

拍手返事

・あっ分かる、自律神経が自律神経狂わすみたいなループ状態糞すぎ

→明日、先生と交渉して最低でも頓服用でなにかしら薬をもらいにいきます。じゃないとしんどすぎてヤヴァイです。

 

・シロデココの者ですが、自分なりに誰でも気軽に観れるように気を配っていたはずが、怖いと思われるとは...まさかの想定外

→いや、なんていうか、僕がファンタジーに苦手意識を持っていたせいで、敬遠していただけで、いまではかわいさにやられています。なんで怖かったのかは自分でも説明できません……

 

・文学フリマ、そんなに異質な空間でもねーから大丈夫だよ。

ただ、私はもう出展しないけどなw

→そうですか……ならいいんですけど……1パーセントもわからないので、いまはただただ怖いです。

 

・なぜか後輩が男の前提で読んでた

ノンケのはずなのに

→ここはホモサイトじゃありません!!

 

・今更な話かもしれませんがハンネの由来ってビリー・ホリデイですか?

→そうです!……カッコいいのでそういうことにしたいのですが、実際は筋肉少女帯の曲で『ビッキー・ホリディの唄』ってのがあるんですよ。その曲が大好きで、そのまんま拝借しました。

 

・地下鉄と再評価で、東上線は今人気上がってますよ(特に和光市)

西武に勝つ日も近いぞ!

→和光は道路も再開発されてますからね。バイパスできるし大型ショッピングモールできるし。すごいです。そのイキオイに乗り損ねそうな我が街です……

 

・オレスゲー合戦は実弾ならまだいいが、空砲撃ってくるやつは虚しすぎるからやめて

→っていうかだいたい空砲ですよね……

 

 

・有村千佳と有村架純を言い間違える症候群の患者だなお主

→ふふふ……我々クラスになると有村架純を有村千佳と空目して↑のメッセージも「有村千佳と有村千佳を言い間違える」と読んでしまい、なに言ってんだこいつと思ったんだぜ……!!

 

・ウエディングドレスいいよね…

→いいですよね。ウエディングドレスプレイとかないんですかね。……あったらあったでちょっとイヤですけど。

 

・俺は誕生日にニコ動にエロ動画うpしてた(どうでもいい)

→なぜURLがない……!!

 

 

17歳はマズイぞ(嫉妬)

→いまは反省している。

 

・しごとの基礎英語って番組がオススメ、結構タメになる

→おおっ!ありがとうございます!過去のやつとか、つべとかにあがってないかなあ。調べてみます!