カッコつけの読書術2~酒の肴の小説~

 読書をもっとカッコよく、もっとスタイリッシュに!という思いでお送りする「カッコつけの読書術」。今回はお酒を飲んでいるときに読書をするという、少し難易度の高い問題に取り組みたいと思います。

 とは言っても家で飲んでいてはなににもなりません。外で飲みましょう。チェーン店の居酒屋ではダメです。そんなところで読書なんてバカのやることです。そこでお酒とともに、「このお酒と一緒に読みたい」という小説をご紹介します。飲みながらページを繰っていく、サイコーにクールじゃないですか。

では、サイコーにクールな1冊目はこちら


 号泣する準備はできていた(江國香織)

 大人の女性の恋愛を描いた短編集です。みずみずしい筆致にナイーブな心情の表現は、ひとりでしっぽりと飲むにはうってつけです。赤ワインと生ハムをいただきましょう。彼女の描く女性はなんとも肉食的なんですよ。懐に余裕があればローストビーフだとモアベターです。肉食的でもエグみがない。肩の力を抜いて読んでいられるのでその姿は「この人、読書素人じゃないな」と思わせられることでしょう。さあ、どんどんイキっていきましょう。


 さて2冊目は


 ありきたりの狂気の物語 (チャールズ・ブコウスキー)

 僕が一番好きな作家、チャールズ・ブコウスキー。内容は酒・セックス・競馬。以上。B級もB級。B級のキングといってもいいでしょう。フーバー(Fuck Up Beyond All Recognition)なオヤジ、それがチャールズ・ブコウスキーです。さあ、彼の小説を読むときは、バドワイザーなんて飲んでいてはダメです。どうしてもというのなら、そんなものはチェイサーにしましょう。スコッチの水割り。これでいきましょう。つまみなんて贅沢言ってはいけません。スコッチの水割り。黙って飲みましょう。銘柄はあまり高いのではダメです。そんなものは中指を立ててから床に叩きつけてやりましょう。手軽なものがいいです。カティーサークとか。


 続いて3冊目。


 木枯らしの酒倉から/風博士 (坂口安吾)


 日本の無頼派といえば彼です。『堕落論』が有名ですが彼の小説がまた、ナンセンスで気持ちがいいです。サエない一日を飲んで少しでもマシにしようというようなときにオススメです。アブサンがいいですね。個人的にソーダ割りが一番好きなのですが、この小説には似合いません。そうですね、ロックがいいんじゃないでしょうか。アブサンがキツいなら、電気ブランもいいと思います。


 4冊目はこちら


 異邦人 (カミュ)


 人間の「あるべき姿」とはなにか?――常識を根底から覆そうとするこの作品。酒でも飲んでないと気が狂いそうになります。だからといってウオッカなんかをガブガブ飲んでいては品がありません。イキることがそもそもの目的なのでそれではいけません。ここはちょっと背伸びして、バーで行きましょう。まずはビールジントニックなんかを飲んで、それからこの本を出します。二杯目は強めにギムレットギブソンをちびちびと飲みながら。三杯目は、シンガポール・スリングジンフィズあたりがいいと思います。このあたりでなかなか気持ちよくなってきますので、気をつけましょう。あとはもう一杯なにか飲むか、最後にするか。最後はブラック・ルシアンがいいですね。甘くもあるのですがちょっとほろ苦い。そんな感じでバーでガンガンイキってください。


 さあ、いよいよ最後です。最後はこちら


 お目出たき人 (武者小路実篤)


 話したこともない女性を好きになり、「あの子はおれと結ばれるために生まれてきたのだ」とまで思い込んで、アタックしまくって振られ続けるという作品。愉快な物語なので、酒を飲んで愉快に笑い飛ばしましょう。日本酒がいいと思います。冷やで飲みたいですね。僕は天狗舞が一番好きです。以前、ちょこっとだけ石川県にいたことがあるのですが、そのときに飲みまくりました。死ぬほどうまかったです。


 以上になります。さあ、この5冊とお酒で、みなさんもどんどんイキって素敵な読書ライフを送りましょう!!

拍手返事

・あっ分かる、自律神経が自律神経狂わすみたいなループ状態糞すぎ

→明日、先生と交渉して最低でも頓服用でなにかしら薬をもらいにいきます。じゃないとしんどすぎてヤヴァイです。

 

・シロデココの者ですが、自分なりに誰でも気軽に観れるように気を配っていたはずが、怖いと思われるとは...まさかの想定外

→いや、なんていうか、僕がファンタジーに苦手意識を持っていたせいで、敬遠していただけで、いまではかわいさにやられています。なんで怖かったのかは自分でも説明できません……

 

・文学フリマ、そんなに異質な空間でもねーから大丈夫だよ。

ただ、私はもう出展しないけどなw

→そうですか……ならいいんですけど……1パーセントもわからないので、いまはただただ怖いです。

 

・なぜか後輩が男の前提で読んでた

ノンケのはずなのに

→ここはホモサイトじゃありません!!

 

・今更な話かもしれませんがハンネの由来ってビリー・ホリデイですか?

→そうです!……カッコいいのでそういうことにしたいのですが、実際は筋肉少女帯の曲で『ビッキー・ホリディの唄』ってのがあるんですよ。その曲が大好きで、そのまんま拝借しました。

 

・地下鉄と再評価で、東上線は今人気上がってますよ(特に和光市)

西武に勝つ日も近いぞ!

→和光は道路も再開発されてますからね。バイパスできるし大型ショッピングモールできるし。すごいです。そのイキオイに乗り損ねそうな我が街です……

 

・オレスゲー合戦は実弾ならまだいいが、空砲撃ってくるやつは虚しすぎるからやめて

→っていうかだいたい空砲ですよね……

 

 

・有村千佳と有村架純を言い間違える症候群の患者だなお主

→ふふふ……我々クラスになると有村架純を有村千佳と空目して↑のメッセージも「有村千佳と有村千佳を言い間違える」と読んでしまい、なに言ってんだこいつと思ったんだぜ……!!

 

・ウエディングドレスいいよね…

→いいですよね。ウエディングドレスプレイとかないんですかね。……あったらあったでちょっとイヤですけど。

 

・俺は誕生日にニコ動にエロ動画うpしてた(どうでもいい)

→なぜURLがない……!!

 

 

17歳はマズイぞ(嫉妬)

→いまは反省している。

 

・しごとの基礎英語って番組がオススメ、結構タメになる

→おおっ!ありがとうございます!過去のやつとか、つべとかにあがってないかなあ。調べてみます!