プルシアンブルーの肖像

来週、ディズニーランドへ行ってきます。何年ぶりでしょうか。高校生以来です。


職場の人たちと5人で。僕以外、女性というアレな感じで、男性も誘おうよと提案したのですが、あの人は嫌だこの人も嫌だで、最後のほうは僕、白目むいてました。


当日、僕は夜勤明けです。よろしくお願いします。


ビッキー・ホリディです。




さて、去年書き上げた大傑作長編小説の赤入れをしてもらい、それがこの間届きました。拙著『ヤーレン・シャッフル』の解説を書いてくれた友人にお願いしました。


近代日本文学の博士課程の彼女に赤入れをしてもらうということで、めっちゃ緊張していました。恐れ多いしノーギャラだし。で、案の定、原稿は真っ赤に染まっていました。


文章を直すだけで2日かかりました。マーラーの交響曲を聴きながら、死にたい気持ちで直しました。


赤入れしてもらって、「ここの表現はうまくない」とか「これはやめたほうがいい」とか書いてあるのを見ていると、本当に死にたくなります。だって、こっちは当時、面白いと思って書いているわけですから。それがスベったというのはやっぱり恥ずかしいものです。


広島カープのように赤い原稿(←これもスベった)を見ながらせっせとバックスペースキーを叩いていると、なんだか自分は人並みの幸せを享受する資格なんてないのではないかとさえ思えてきます。


寝る間も惜しんで必死で書いた文章を、今度は削っていくわけですから、そりゃ頭だってアレになりますよ。たぶん編集者ってのはサディストなんでしょう。僕はそう思いました。


これだけ直すところが多いと「ふええ、とても受賞なんてできないよう」と思ってしまいがちですが、そこは学生のころから自分の作品を罵られてきた僕です。「こいつはきっと、川端康成の小説でも真っ赤に染めることだろう」と思ってクールに、そうあくまでクールに推敲を続けました。


締切は今月末です。さらにもう一度全体に目を通して、構成を確認していきます。綿矢りさと対談したいがために芥川賞受賞を目論むビッキー・ホリディ!!自費出版の契約が切れ『ヤーレン・シャッフル』が絶版になるいま、彼が取った行動とは!?そして少女の胸のふくらむよりも速く駆け抜ける青春の真実とは!?物語は真のクライマックスに突入!!!

拍手返事

・あっ分かる、自律神経が自律神経狂わすみたいなループ状態糞すぎ

→明日、先生と交渉して最低でも頓服用でなにかしら薬をもらいにいきます。じゃないとしんどすぎてヤヴァイです。

 

・シロデココの者ですが、自分なりに誰でも気軽に観れるように気を配っていたはずが、怖いと思われるとは...まさかの想定外

→いや、なんていうか、僕がファンタジーに苦手意識を持っていたせいで、敬遠していただけで、いまではかわいさにやられています。なんで怖かったのかは自分でも説明できません……

 

・文学フリマ、そんなに異質な空間でもねーから大丈夫だよ。

ただ、私はもう出展しないけどなw

→そうですか……ならいいんですけど……1パーセントもわからないので、いまはただただ怖いです。

 

・なぜか後輩が男の前提で読んでた

ノンケのはずなのに

→ここはホモサイトじゃありません!!

 

・今更な話かもしれませんがハンネの由来ってビリー・ホリデイですか?

→そうです!……カッコいいのでそういうことにしたいのですが、実際は筋肉少女帯の曲で『ビッキー・ホリディの唄』ってのがあるんですよ。その曲が大好きで、そのまんま拝借しました。

 

・地下鉄と再評価で、東上線は今人気上がってますよ(特に和光市)

西武に勝つ日も近いぞ!

→和光は道路も再開発されてますからね。バイパスできるし大型ショッピングモールできるし。すごいです。そのイキオイに乗り損ねそうな我が街です……

 

・オレスゲー合戦は実弾ならまだいいが、空砲撃ってくるやつは虚しすぎるからやめて

→っていうかだいたい空砲ですよね……

 

 

・有村千佳と有村架純を言い間違える症候群の患者だなお主

→ふふふ……我々クラスになると有村架純を有村千佳と空目して↑のメッセージも「有村千佳と有村千佳を言い間違える」と読んでしまい、なに言ってんだこいつと思ったんだぜ……!!

 

・ウエディングドレスいいよね…

→いいですよね。ウエディングドレスプレイとかないんですかね。……あったらあったでちょっとイヤですけど。

 

・俺は誕生日にニコ動にエロ動画うpしてた(どうでもいい)

→なぜURLがない……!!

 

 

17歳はマズイぞ(嫉妬)

→いまは反省している。

 

・しごとの基礎英語って番組がオススメ、結構タメになる

→おおっ!ありがとうございます!過去のやつとか、つべとかにあがってないかなあ。調べてみます!