ミス・ブランニュー・デイ

後輩「あ、そういえば今日も『3分クッキング』のレシピをメモしたんですよ」

俺 「じゃあ俺、ご飯炊いて待ってるわ。何合炊けばいい?」

後輩「……3合」

俺 「炊いて、来なかったらおにぎりにして明日、ぶつけるからね」

後輩「おにぎりにしたらそのまま持ってきてください」

_人人人人人人人人人_
> ただの炊き出し <
 ̄Y^Y^Y^ Y^Y^Y^ ̄


ビッキー・ホリディです。


25歳なんです。


いろいろと「ああ、いい歳なんだな」と思う場面が増えてきて、たまにぞっとすることもあります。


小説を書くようになって7年になる、とか。


大学に入って書き始めたので、もう7年ですよ。そろそろ芽が出てもいいと思うんですけどね。(テレビ的にも)


今年、自費出版したんで、次こそは新人賞を、と長編を書いているのですが、これも足掛け3年になります。2回ボツにしてます。原稿用紙で80枚くらいまで進んでたんですけど。


新人賞となると求められる枚数はだいたい250~300枚程度なので、まさに志半ばです。


7年のうち、4年、つまり大学生のころはひたすら習作で短編を書いていました。一度、長編を書いて新人賞に応募もしましたが、あえなく一次落選。


いまは仕事をしながらちまちま書いてるんですが、なんていうんですかね、キツいですね。決してルンルン気分で書いてるわけではないんですよ。だけど不思議とやめようとは思わない。


自分でもよく続けてるなーって思います。書くほかにもやっぱり読んで勉強もしますし。そうでなくても遊んでるときなんかも気づくと、その場面を頭の中で描写していたり、喋っているときもその人の表情だとか反応だとかを文章化していたり、と生活のすべてが小説に傾いてるんです。


なんでそこまで小説に固執するのかは、自分でもわかりませんが、まあ、ものを書くほかに特技がないからでしょうか。あまり積極的な理由は思いつきませんね。


たぶんこれからもシコシコと書いていくのでしょう。芽が出ようが出まいが。あまり関係ないのかもしれませんね。出たらいいなーくらいで。


そのモチベーションで7年やってます。

拍手返事

・命綱みたいなのが無いとこのボルダリングだと利用する前にここで怪我とか死亡されても店側は一切責任は負いませんけどいいですか?みたいな契約書書かされるのがくっそ怖かった。女の子のお尻を下から眺めるのたのしい。

→やらないでもお尻を見てるだけで楽しいですね。ちょっと契約書書いてくる。

 

・何かを褒める時にセットで何かを貶すのってクソだと思います。その点、誰も傷つけずに笑いを取れるヒカキンってすごいです。見習ってください。

→ごもっともです。反省してます。僕のようにクソでダニの餌にもならないような人間は、ああいう書き方しかできなかったんです。今後は気をつけます。その点ヒカキンはすごいですよね。漢字にすると非課金。……エンターテイナーの鑑ですよね。

 

・私も文理選択で死にました 悔いのない人生の選択をしていきたいものです

 →選択する前に二者面談とかしてくれればよかったのに、と人のせいにするっていう。

 

・ラブラドールじゃないのか

→バター犬には興味ないです。

 

・会話が弾む職場と言うのはうらやましい

→人間関係が良好なのが唯一の取り柄です。あとは基本ブラックです。

 

・あっ分かる、自律神経が自律神経狂わすみたいなループ状態糞すぎ

→明日、先生と交渉して最低でも頓服用でなにかしら薬をもらいにいきます。じゃないとしんどすぎてヤヴァイです。

 

・シロデココの者ですが、自分なりに誰でも気軽に観れるように気を配っていたはずが、怖いと思われるとは...まさかの想定外

→いや、なんていうか、僕がファンタジーに苦手意識を持っていたせいで、敬遠していただけで、いまではかわいさにやられています。なんで怖かったのかは自分でも説明できません……

 

・文学フリマ、そんなに異質な空間でもねーから大丈夫だよ。

ただ、私はもう出展しないけどなw

→そうですか……ならいいんですけど……1パーセントもわからないので、いまはただただ怖いです。

 

・なぜか後輩が男の前提で読んでた

ノンケのはずなのに

→ここはホモサイトじゃありません!!

 

・今更な話かもしれませんがハンネの由来ってビリー・ホリデイですか?

→そうです!……カッコいいのでそういうことにしたいのですが、実際は筋肉少女帯の曲で『ビッキー・ホリディの唄』ってのがあるんですよ。その曲が大好きで、そのまんま拝借しました。

 

・地下鉄と再評価で、東上線は今人気上がってますよ(特に和光市)

西武に勝つ日も近いぞ!

→和光は道路も再開発されてますからね。バイパスできるし大型ショッピングモールできるし。すごいです。そのイキオイに乗り損ねそうな我が街です……