泡姫マリーのジレンマ

お盆ですね。世間では夏休みですが、僕の職場では盆も正月もないので、悔しげな彼女と駆け込むパシフィックホテル的なアレができません。

 

まあ、せっかくだからということで、帰省はしてきました。(徒歩15分)

原稿書いて、チャップリンの映画を観て、晩ご飯を食べたあとに。(徒歩15分)

高速道路の渋滞にハマることも、新幹線の席が取れずに立つハメになることも、「お前、そろそろ結婚はしないのか」って言われることもない帰省です。(徒歩15分)(最後は関係ないよ)

 

ビッキー・ホリディです。

 

 

 

文学界のニコラ・テスラを目指し(意味は自分でもわかっていない)、彼が稲妻博士と呼ばれていたことから、僕もスズキのイナズマというバイクを買ったことだし、稲妻文士を自称していました。事故りました。納車して3日という、まさに電撃的な出来事でした。うまいけど笑えない。

 

さて、今日は「マリーの部屋」の話をしたいと思います。

 

マリーの部屋とは、思考実験のひとつで「スーパー科学者マリー」とも呼ばれています。

 

内容は、白黒の部屋で生まれ育ち、テレビや本、あるいはパソコンなど、すべてが白黒で、白と黒しか知らないマリーがいるとします。そのマリーは、部屋にあるツール(もちろん、すべて白黒です)であらゆる「色」についての勉強をして、他人がどういう場合にそれを「青」と言うのか、なにを「赤」というのかなど、色彩や色覚など、色に関する全ての知識を得たものとします。

 

さて、そのときマリーが、いまいる白黒の部屋から出て、実際にあらゆる「色」を認識、経験したとき、なにが起こるでしょうか。新しくなにか知識を得ることはあるのでしょうか。というものです。

 

これって、「ソープへ行ってでも童貞を捨てる必要はあるのか」っていう問題と似ていますよね。

 

僕は唯物論者ではないので、マリーの部屋でも、勉強して得た知識と経験によって得られたものとは違うものがあると思っているのですが、ただ、ソープへは行くことはないんじゃないかなあと思うんです。このジレンマ。ここで新しい思考実験が始まるわけです。

 

泡姫マリーのジレンマとでも名づけましょうか。

拍手返事

・ラブラドールじゃないのか

→バター犬には興味ないです。

 

・会話が弾む職場と言うのはうらやましい

→人間関係が良好なのが唯一の取り柄です。あとは基本ブラックです。

 

・あっ分かる、自律神経が自律神経狂わすみたいなループ状態糞すぎ

→明日、先生と交渉して最低でも頓服用でなにかしら薬をもらいにいきます。じゃないとしんどすぎてヤヴァイです。

 

・シロデココの者ですが、自分なりに誰でも気軽に観れるように気を配っていたはずが、怖いと思われるとは...まさかの想定外

→いや、なんていうか、僕がファンタジーに苦手意識を持っていたせいで、敬遠していただけで、いまではかわいさにやられています。なんで怖かったのかは自分でも説明できません……

 

・文学フリマ、そんなに異質な空間でもねーから大丈夫だよ。

ただ、私はもう出展しないけどなw

→そうですか……ならいいんですけど……1パーセントもわからないので、いまはただただ怖いです。

 

・なぜか後輩が男の前提で読んでた

ノンケのはずなのに

→ここはホモサイトじゃありません!!

 

・今更な話かもしれませんがハンネの由来ってビリー・ホリデイですか?

→そうです!……カッコいいのでそういうことにしたいのですが、実際は筋肉少女帯の曲で『ビッキー・ホリディの唄』ってのがあるんですよ。その曲が大好きで、そのまんま拝借しました。

 

・地下鉄と再評価で、東上線は今人気上がってますよ(特に和光市)

西武に勝つ日も近いぞ!

→和光は道路も再開発されてますからね。バイパスできるし大型ショッピングモールできるし。すごいです。そのイキオイに乗り損ねそうな我が街です……

 

・オレスゲー合戦は実弾ならまだいいが、空砲撃ってくるやつは虚しすぎるからやめて

→っていうかだいたい空砲ですよね……

 

 

・有村千佳と有村架純を言い間違える症候群の患者だなお主

→ふふふ……我々クラスになると有村架純を有村千佳と空目して↑のメッセージも「有村千佳と有村千佳を言い間違える」と読んでしまい、なに言ってんだこいつと思ったんだぜ……!!

 

・ウエディングドレスいいよね…

→いいですよね。ウエディングドレスプレイとかないんですかね。……あったらあったでちょっとイヤですけど。

 

・俺は誕生日にニコ動にエロ動画うpしてた(どうでもいい)

→なぜURLがない……!!

 

 

17歳はマズイぞ(嫉妬)

→いまは反省している。

 

・しごとの基礎英語って番組がオススメ、結構タメになる

→おおっ!ありがとうございます!過去のやつとか、つべとかにあがってないかなあ。調べてみます!