屋根の上に光るたまねぎ

つける機会があまりないくせに、なぜか香水を買うことがあります。

 

つい3日前もそうだったのですが、これで3本目というなんかめっちゃオシャレな人みたいになってます。ちなみにアウスレーゼ・トロッケンというのを買いました。夏っぽいです。

 

ビッキー・ホリディです。

 

 

 

友人が大学院の博士課程に合格したということで、一緒にエリック・クラプトンのライブへ行きました。チケット取るときはまだ受験勉強中だったのですが、「受かったらお祝い、落ちたら慰める」ということでどっちにしても行くことになってました。来日も最後っぽいなんて言われてますし。

 

結局、友人は見事に受かっており、ウザいくらいにテンションが高かったです。受かっているだけに僕にはなにも言えないというのが、またウザかったです。

 

ただ、まあ、僕の本の解説を書いてくれたしなあ、と。しかもノーギャラで。なので僕は彼女に足を向けて寝られない身分なんです。

 

彼女とは小学生のころからの付き合いで、そのころから只者じゃない感がハンパなく、この歳になってそれが真実だと気づかされました。

 

電車の中でいきなり「究極的にポジティブな人」を演じ始めますし。

 

彼女「――そうですねえ。なんていうか、ただ生きてるってだけで成功しちゃう、っていうか、失敗をしたことがないんですよね。たまに退屈でわざと失敗をするんですけど、それすらも美しいというか、成功しちゃう……失敗することに成功しちゃうというか……」

 

というインタビューを受けている体で話が始まり、

 

彼女「――敢えてスキを作ってるんですよ。完璧だとやっぱり可愛げがないというか……」

俺 「日本庭園の『わび・さび』に通ずるものがありますね」

 

という具合でこの茶番は、竹橋駅から和光市駅の先へ電車が走る中で粛々と進められていきました。

 

誰も止めてくれないので、これはどちらかが倒れるまで終わらないな、と思っていました。これは茶番という形を借りた、いわば決闘なわけです。笑ったら負けなんです。

 

そう考えると、僕としても、相手は日本近代文学の学者とはいえ、作家志望の端くれとして負けてはいられません。って分が悪いよ。藤原拓海トラクターで挑むようなもんだよ。

 

 

 

そんな彼女も春に彼氏と同棲するらしく、こんな変わった人間にもちゃんとパートナーができるんだなあ、と少し自信が持てました。

 

そして先日振られました。

 

フーバーですね。

拍手返事

ごはんに塩は赤飯っぽくなるから好き。レンジでチンするタイプのパックのごはんだとなお良い。

→おー、やってみます!おいしそう。

 

・美味しいし1000円で食べ放題なの有能すぎ

→食肉センター、いいですよね。ただ、つい食べ過ぎて歩けなくなるのは事案です。久しぶりにレバー食べたかった……

 

・遅くなったけど、おめでとお

→こちらも遅くなりましたが、ありがとお!10周年にはオフ会ができるくらいのアクセス数になっていればいいなあ……やらないけど。

 

・バーというと銀座のルパンとか行きたいけど、勇気が出ないなオレ(バル関係ねーな)

→GI☆N☆ZA☆とか……いや、それ、怖い……

 

・命綱みたいなのが無いとこのボルダリングだと利用する前にここで怪我とか死亡されても店側は一切責任は負いませんけどいいですか?みたいな契約書書かされるのがくっそ怖かった。女の子のお尻を下から眺めるのたのしい。

→やらないでもお尻を見てるだけで楽しいですね。ちょっと契約書書いてくる。

 

・何かを褒める時にセットで何かを貶すのってクソだと思います。その点、誰も傷つけずに笑いを取れるヒカキンってすごいです。見習ってください。

→ごもっともです。反省してます。僕のようにクソでダニの餌にもならないような人間は、ああいう書き方しかできなかったんです。今後は気をつけます。その点ヒカキンはすごいですよね。漢字にすると非課金。……エンターテイナーの鑑ですよね。

 

・私も文理選択で死にました 悔いのない人生の選択をしていきたいものです

 →選択する前に二者面談とかしてくれればよかったのに、と人のせいにするっていう。

 

・ラブラドールじゃないのか

→バター犬には興味ないです。

 

・会話が弾む職場と言うのはうらやましい

→人間関係が良好なのが唯一の取り柄です。あとは基本ブラックです。

 

・あっ分かる、自律神経が自律神経狂わすみたいなループ状態糞すぎ

→明日、先生と交渉して最低でも頓服用でなにかしら薬をもらいにいきます。じゃないとしんどすぎてヤヴァイです。

 

・シロデココの者ですが、自分なりに誰でも気軽に観れるように気を配っていたはずが、怖いと思われるとは...まさかの想定外

→いや、なんていうか、僕がファンタジーに苦手意識を持っていたせいで、敬遠していただけで、いまではかわいさにやられています。なんで怖かったのかは自分でも説明できません……

 

・文学フリマ、そんなに異質な空間でもねーから大丈夫だよ。

ただ、私はもう出展しないけどなw

→そうですか……ならいいんですけど……1パーセントもわからないので、いまはただただ怖いです。

 

・なぜか後輩が男の前提で読んでた

ノンケのはずなのに

→ここはホモサイトじゃありません!!

 

・今更な話かもしれませんがハンネの由来ってビリー・ホリデイですか?

→そうです!……カッコいいのでそういうことにしたいのですが、実際は筋肉少女帯の曲で『ビッキー・ホリディの唄』ってのがあるんですよ。その曲が大好きで、そのまんま拝借しました。