拙著『ヤーレンシャッフル』発売しましたー

2014/02/01 拙著『ヤーレン・シャッフル』発売しましたー (日想)

 

『ヤーレン・シャッフル』が発売しました。(自費出版です)

これで151回芥川賞はもらったも同然です。(自費出版です)(二回目)

 

ゼハハハハ!成り上がってやるぜ!!(自費出版です)(三回目)

 

ビッキー・ホリディです。

 

 

 

というわけで、『ヤーレン・シャッフル』の紹介をしていこうかと思います。

 

まず、タイトルですが、これはサザンの『YARLEN SHUFFLE~子羊達へのレクイエム~から取りました。

意味としては歌詞にある

 

”ゆりかごを 揺らす手が 殺意のリズムに変われば YARLEN SHUFFLE”

 

のとおりです。まあ、つまり8つの短編から成っていますので、幸だの不幸だの、愛だの平和だの、戦争だのテロだの、そういうのがぐちゃぐちゃに入り混じってるんだぜ、ってことです。

 

各話については

 

①『スーサイド・ナイトクラブ』

タイトルは村上龍の『超電導ナイトクラブ』から拝借しました。うつ病を患っている主人公の話です。

 

②ジョイントを巻く女

バンドマンの話です。大槻ケンヂの『ロッキンホースバレリーナ』『リンダリンダラバーソール』的な、ロックンロールな話です。

 

③悲しい胸のスクリーン

タイトルはサザンの『OH,GIRL(悲しい胸のスクリーン)』より。村上春樹が得意な、メタフォリカルな作品に挑戦しました。

 

④或る喫茶店にて

小説を書き始めてすぐのころの作品です。楽天主義の男と現実主義の女との痴話喧嘩のような。

 

⑤世界の屋根を撃つ雨のリズム

タイトルはサザンの曲からそのままです。歌詞ってよりはメロディからインスピレーションを受けて書きました。村上龍の『限りなく透明に近いブルー』からかなり影響を受けてます。

 

⑥エンジェルダスト

村上龍独特のねちっこい文体を意識してます。ミュージカル『Rent』を観たのをきっかけに書き始めました。

 

⑦チェイサーの正しい飲み方 もしくは小説読みにありがちな病について

小説的にはこれが一番狙ったことができたかなあって感じです。中井英夫の『大望ある乗客』、そのまんまっちゃあそのまんまですが……

 

⑧ジゴロ

ギャンブル小説に挑戦しました。福本伸行的な、阿佐田哲也『麻雀放浪記』的な。前者のほうが強いかな。

 

 

そしてペンネームも筋肉少女帯『ビッキー・ホリディの唄』からそのまま拝借したという、お前、どこにオリジナリティがあるんだって話です。まあ、でも、いろんなところからオマージュして、できるかぎりそれを悪用するというのが僕なのかなあとは思います。

 

発売記念キャンペーンとして、五秒で考えたサイン入りの本書をプレゼントするという企画もやってますので、興味のある方はこちらをご覧ください。

※企画はいまのところ先着9名様で締切予定です。

 

幸せだった温もりを、夜風がそっとさらいとる。ヤーレン・シャッフル。涙を見せずに発売です。(←リンクは楽天ブックスです)

拍手返事

ごはんに塩は赤飯っぽくなるから好き。レンジでチンするタイプのパックのごはんだとなお良い。

→おー、やってみます!おいしそう。

 

・美味しいし1000円で食べ放題なの有能すぎ

→食肉センター、いいですよね。ただ、つい食べ過ぎて歩けなくなるのは事案です。久しぶりにレバー食べたかった……

 

・遅くなったけど、おめでとお

→こちらも遅くなりましたが、ありがとお!10周年にはオフ会ができるくらいのアクセス数になっていればいいなあ……やらないけど。

 

・バーというと銀座のルパンとか行きたいけど、勇気が出ないなオレ(バル関係ねーな)

→GI☆N☆ZA☆とか……いや、それ、怖い……

 

・命綱みたいなのが無いとこのボルダリングだと利用する前にここで怪我とか死亡されても店側は一切責任は負いませんけどいいですか?みたいな契約書書かされるのがくっそ怖かった。女の子のお尻を下から眺めるのたのしい。

→やらないでもお尻を見てるだけで楽しいですね。ちょっと契約書書いてくる。

 

・何かを褒める時にセットで何かを貶すのってクソだと思います。その点、誰も傷つけずに笑いを取れるヒカキンってすごいです。見習ってください。

→ごもっともです。反省してます。僕のようにクソでダニの餌にもならないような人間は、ああいう書き方しかできなかったんです。今後は気をつけます。その点ヒカキンはすごいですよね。漢字にすると非課金。……エンターテイナーの鑑ですよね。

 

・私も文理選択で死にました 悔いのない人生の選択をしていきたいものです

 →選択する前に二者面談とかしてくれればよかったのに、と人のせいにするっていう。

 

・ラブラドールじゃないのか

→バター犬には興味ないです。

 

・会話が弾む職場と言うのはうらやましい

→人間関係が良好なのが唯一の取り柄です。あとは基本ブラックです。

 

・あっ分かる、自律神経が自律神経狂わすみたいなループ状態糞すぎ

→明日、先生と交渉して最低でも頓服用でなにかしら薬をもらいにいきます。じゃないとしんどすぎてヤヴァイです。

 

・シロデココの者ですが、自分なりに誰でも気軽に観れるように気を配っていたはずが、怖いと思われるとは...まさかの想定外

→いや、なんていうか、僕がファンタジーに苦手意識を持っていたせいで、敬遠していただけで、いまではかわいさにやられています。なんで怖かったのかは自分でも説明できません……

 

・文学フリマ、そんなに異質な空間でもねーから大丈夫だよ。

ただ、私はもう出展しないけどなw

→そうですか……ならいいんですけど……1パーセントもわからないので、いまはただただ怖いです。

 

・なぜか後輩が男の前提で読んでた

ノンケのはずなのに

→ここはホモサイトじゃありません!!

 

・今更な話かもしれませんがハンネの由来ってビリー・ホリデイですか?

→そうです!……カッコいいのでそういうことにしたいのですが、実際は筋肉少女帯の曲で『ビッキー・ホリディの唄』ってのがあるんですよ。その曲が大好きで、そのまんま拝借しました。