ホテル・カリフォルニア

 女を一人、連れ込むことに成功した。

 おれは彼女を座らせると、戸棚からI.W.ハーパーを出した。「ソーダで割って」と言われたのでその通りにした。おれはロックで飲むことにした。

 それまでにもおれたちはしこたま呑んでいた。お互いに呂律が回っておらず、口説き文句も二、三回言い直すような始末だった。ふらつく足で彼女にウイスキー・ソーダを持っていった。虚ろな目でそれをじっと見つめ、おれが自分のグラスに口をつけると、彼女は一気に半分ほど飲んだ。

 おれはコンポで『ホテル・カリフォルニア』を流した。それから、彼女の肩を抱き寄せた。彼女は素直に身を任せてきた。彼女の髪をわけて、おれは唇に軽くキスをした。

 一回。二回。三回。

 彼女の身体が火照っているのがわかった。四回目は舌を入れてみた。彼女はため息のように、大きく喘いだ。その吐息はウイスキー臭く、いかんと思ったのも束の間、おれは唇を合わせたままゲロを吐いた。

 んっ、と小さく声を漏らし、彼女はゲロを全部受け止めた。そして、信じられないことに、ごっくんとそれを飲んだ。

 きゅうりが萎れるのがわかった。おれはまじまじと彼女の顔を見つめた。とろんとした目はあさっての方を向いており、口元からはちょこっとゲロが垂れていた。

 それを見るとまた吐き気がしてきて、おれは灰皿に向かって吐いた。もちろん溢れた。きたなあい、なんて彼女はケラケラと笑っている。笑っていたかと思ったら彼女までゲロを吐きやがった。絨毯に思いっきり酒臭いゲロをぶちまけた。たぶんこれはおれのゲロなんだろう。余計なことを考えたせいで、おれも吐いた。それを見てまた彼女が吐いた。

 吐けば吐くほど、脳みそが痺れてくるような感じがして、まぶたがやけに重くなってくる。ゲロを吐いたせいで体内のアルコール濃度が高くなったような気がした。

 彼女がヨダレを垂らしながらおれに寄り添ってきた。おれはそれを胸で受け止め、そのままなし崩しにゲロまみれの床に二人して倒れ込んだ。服が汚れるな、なんて思ったりもしたが、もう起き上がれることはなかった。

 そしてそのまま眠りについた。

 

 翌朝、頭痛とともに目を覚まし、部屋がゲロの臭いで充満していることがわかると、おれはその場に吐いた。寝ている彼女の顔にぶちまけた。

 ゲロまみれの彼女の顔が妙におかしくて、おれは大声で笑った。

拍手返事

ごはんに塩は赤飯っぽくなるから好き。レンジでチンするタイプのパックのごはんだとなお良い。

→おー、やってみます!おいしそう。

 

・美味しいし1000円で食べ放題なの有能すぎ

→食肉センター、いいですよね。ただ、つい食べ過ぎて歩けなくなるのは事案です。久しぶりにレバー食べたかった……

 

・遅くなったけど、おめでとお

→こちらも遅くなりましたが、ありがとお!10周年にはオフ会ができるくらいのアクセス数になっていればいいなあ……やらないけど。

 

・バーというと銀座のルパンとか行きたいけど、勇気が出ないなオレ(バル関係ねーな)

→GI☆N☆ZA☆とか……いや、それ、怖い……

 

・命綱みたいなのが無いとこのボルダリングだと利用する前にここで怪我とか死亡されても店側は一切責任は負いませんけどいいですか?みたいな契約書書かされるのがくっそ怖かった。女の子のお尻を下から眺めるのたのしい。

→やらないでもお尻を見てるだけで楽しいですね。ちょっと契約書書いてくる。

 

・何かを褒める時にセットで何かを貶すのってクソだと思います。その点、誰も傷つけずに笑いを取れるヒカキンってすごいです。見習ってください。

→ごもっともです。反省してます。僕のようにクソでダニの餌にもならないような人間は、ああいう書き方しかできなかったんです。今後は気をつけます。その点ヒカキンはすごいですよね。漢字にすると非課金。……エンターテイナーの鑑ですよね。

 

・私も文理選択で死にました 悔いのない人生の選択をしていきたいものです

 →選択する前に二者面談とかしてくれればよかったのに、と人のせいにするっていう。

 

・ラブラドールじゃないのか

→バター犬には興味ないです。

 

・会話が弾む職場と言うのはうらやましい

→人間関係が良好なのが唯一の取り柄です。あとは基本ブラックです。

 

・あっ分かる、自律神経が自律神経狂わすみたいなループ状態糞すぎ

→明日、先生と交渉して最低でも頓服用でなにかしら薬をもらいにいきます。じゃないとしんどすぎてヤヴァイです。

 

・シロデココの者ですが、自分なりに誰でも気軽に観れるように気を配っていたはずが、怖いと思われるとは...まさかの想定外

→いや、なんていうか、僕がファンタジーに苦手意識を持っていたせいで、敬遠していただけで、いまではかわいさにやられています。なんで怖かったのかは自分でも説明できません……

 

・文学フリマ、そんなに異質な空間でもねーから大丈夫だよ。

ただ、私はもう出展しないけどなw

→そうですか……ならいいんですけど……1パーセントもわからないので、いまはただただ怖いです。

 

・なぜか後輩が男の前提で読んでた

ノンケのはずなのに

→ここはホモサイトじゃありません!!

 

・今更な話かもしれませんがハンネの由来ってビリー・ホリデイですか?

→そうです!……カッコいいのでそういうことにしたいのですが、実際は筋肉少女帯の曲で『ビッキー・ホリディの唄』ってのがあるんですよ。その曲が大好きで、そのまんま拝借しました。