レジのカリスマ

七夕ですね。曇り空なのをいいことに織姫と彦星はいったいなにをしてるんでしょうね!(ゲス顔)

 

下の天の川が!下の天の川が大変なことに!(ゲス顔)(そしてうまくもなんともない)

 

ビッキー・ホリディです。

 

 

通勤の道にスーパーがあるんですけど、そこのスーパーのレジの人にすごい人がいるんです。

 

レジ打ちが妙にノリノリなんですよ。

 

こう、手だけではなく、全身でレジを打ってる感じです。それでいて早い。

思わず見とれてしまうようなレジ打ちで、待っているあいだにじっと見ていると、ちゃんとカゴの中を整理しながら入れてるんですね。

 

ピッピッとやっているあいだにも固いものは下、柔らかいものは上、と整頓していて、惣菜はハンディのレジでバーコードも見ずにピッとする。

しかもそれだけでなく、その人が途中でパック納豆と出くわしたとき。僕は驚きました。普通ならピッとやってカゴに入れるところなんですが、まだワインやビールといった重くて固いものが控えています。さあ、どうする?このまま入れてしまっては最悪の場合、納豆が潰れ、中身がこぼれ、悪臭を放ち、帰りの車で臭いに耐えかね近くのガソリンスタンドに車もろとも突っ込み、大火災となってしまいかねない。

この、人の命がかかった分水嶺。僕は固唾を飲んで見守っていました。

 

すると、彼女は左手で納豆を持ち、そのままレジ打ちを続けたではないですか!!

しかも片手でもスピードは落ちない!!

そして最後に守っていた納豆を一番上に置き、「お会計は○○円です」と。

 

僕は震えおののきました。レジ打ちのプロを見ました。いや、これはもはや熟練した職人レベルっ……!!

心の中で礼賛をしていると、お客さんがクレジットカードを出しました。彼女はそれを受け取り、スキャンしました。

 

「よいしょー♪」

 

マジか。

 

この人、仕事を心から楽しんでいる。

 

レジ打ちなんて、求められることも少なく、それゆえに評価なんてそうされない。やりがいを見出すことは難しい。みんなバカにしている、あるいは軽く見ている仕事だ。

しかし彼女はどうだ?

食パンの上にものを置かない、ドレッシングを無理やり隙間に詰め込まない。そんな当たり前のことができない人もいる中、彼女は違う。精算後のカゴはキチンと整頓されている。それだけではない。明るい笑顔と爽やかな挨拶、そしてあのノリノリの仕事振りで、子供や旦那の世話に追われている主婦や仕事で疲れきったオッサン、夜勤明けでテンションが変になってる僕に元気をくれている。

 

この人に会計してもらった、ただそれだけで救われる人だっているだろう。「よし、もう少しがんばってみよう」と思えるようになるだろう。

夜、晩ごはんの支度の合間にビールを飲む。もうそのころには彼女なんて忘れてしまっているだろう。でも確かにその人は救われた。あの会計によって。

 

僕の番がきて、天ぷらの盛り合わせとビールを精算しているときも明るく、僕は元気が出ました。ありがとう。お姉さん。

 

 

 

たばこを買い忘れました。

拍手返事

ごはんに塩は赤飯っぽくなるから好き。レンジでチンするタイプのパックのごはんだとなお良い。

→おー、やってみます!おいしそう。

 

・美味しいし1000円で食べ放題なの有能すぎ

→食肉センター、いいですよね。ただ、つい食べ過ぎて歩けなくなるのは事案です。久しぶりにレバー食べたかった……

 

・遅くなったけど、おめでとお

→こちらも遅くなりましたが、ありがとお!10周年にはオフ会ができるくらいのアクセス数になっていればいいなあ……やらないけど。

 

・バーというと銀座のルパンとか行きたいけど、勇気が出ないなオレ(バル関係ねーな)

→GI☆N☆ZA☆とか……いや、それ、怖い……

 

・命綱みたいなのが無いとこのボルダリングだと利用する前にここで怪我とか死亡されても店側は一切責任は負いませんけどいいですか?みたいな契約書書かされるのがくっそ怖かった。女の子のお尻を下から眺めるのたのしい。

→やらないでもお尻を見てるだけで楽しいですね。ちょっと契約書書いてくる。

 

・何かを褒める時にセットで何かを貶すのってクソだと思います。その点、誰も傷つけずに笑いを取れるヒカキンってすごいです。見習ってください。

→ごもっともです。反省してます。僕のようにクソでダニの餌にもならないような人間は、ああいう書き方しかできなかったんです。今後は気をつけます。その点ヒカキンはすごいですよね。漢字にすると非課金。……エンターテイナーの鑑ですよね。

 

・私も文理選択で死にました 悔いのない人生の選択をしていきたいものです

 →選択する前に二者面談とかしてくれればよかったのに、と人のせいにするっていう。

 

・ラブラドールじゃないのか

→バター犬には興味ないです。

 

・会話が弾む職場と言うのはうらやましい

→人間関係が良好なのが唯一の取り柄です。あとは基本ブラックです。

 

・あっ分かる、自律神経が自律神経狂わすみたいなループ状態糞すぎ

→明日、先生と交渉して最低でも頓服用でなにかしら薬をもらいにいきます。じゃないとしんどすぎてヤヴァイです。

 

・シロデココの者ですが、自分なりに誰でも気軽に観れるように気を配っていたはずが、怖いと思われるとは...まさかの想定外

→いや、なんていうか、僕がファンタジーに苦手意識を持っていたせいで、敬遠していただけで、いまではかわいさにやられています。なんで怖かったのかは自分でも説明できません……

 

・文学フリマ、そんなに異質な空間でもねーから大丈夫だよ。

ただ、私はもう出展しないけどなw

→そうですか……ならいいんですけど……1パーセントもわからないので、いまはただただ怖いです。

 

・なぜか後輩が男の前提で読んでた

ノンケのはずなのに

→ここはホモサイトじゃありません!!

 

・今更な話かもしれませんがハンネの由来ってビリー・ホリデイですか?

→そうです!……カッコいいのでそういうことにしたいのですが、実際は筋肉少女帯の曲で『ビッキー・ホリディの唄』ってのがあるんですよ。その曲が大好きで、そのまんま拝借しました。