「ながいながいペンギンの話」の話

トリンドル玲奈ちゃんが娘だったらいいのに。(23歳会社員 独身 男性)
ビッキー・ホリディです。


小学校の図書館で、出会った本の話をしたいと思います。
僕が本が好きになったきっかけの本で、いまでも(いまでは記憶も薄らいでますが)好きな話です。
「ながいながいペンギンの話」という本で、ペンギンの兄弟がドキドキワクワクハラハラの冒険をする、という物語です。


しかしこれ、本当に長いです。
特に3章構成なのですが、1章が長い。兄弟が生まれるときの話で、ペンギンの夫婦が仲睦まじく卵が孵るのを待っているのですが、いやあ、長い。長いというよりは少し退屈というか、冗長というか、そんな印象です。
まあ、卵をひたすら暖めてるんですからね。動きがないんじゃあしょうがないです。
ですが、それでも読めたってことは、1章も面白かったんでしょうね。幼心に「長げえよ」とは思いましたが、でも読み進められたのですから。
この1章、話ももう覚えてませんが、ペンギンの両親がすごく優しくて、素敵な人柄というかペンギン柄だなあと、そう感じたのは覚えてます。
子どもペンギンが生まれてからは、ほのぼのとした日常が描かれていて、南極なのに暖かい、そんな感じでした。
当時、僕は両親に毎日のように叱られていたので、このペンギン両親が優しいのを読んで、ペンギンになりたい、と思いました。ペンギンになれば優しくしてもらえるのでは、と。
あながち間違ってはいないですけどね。ペンギンって愛されキャラですし。
あ、この前、水族館でペンギンを見たときにも僕は「ペンギンになって人から愛されたい」と言ったのをいま思い出しました。18年近く経っても根本的な部分が変わってないって……。


で、2章です。これがまた大変。
ペンギン兄弟は両親のもとを抜け出して、二人いや、二羽で冒険をしようと企てるのです。
冒険!
男ならばいくつになってもときめく言葉です。
しかも「両親のもとを抜け出す」というあたりが「大人になりたがり」だった僕としてはとてもカッコよく映りました。
じつにロマン溢れる展開です。
魚を獲って食べるシーンがある(ような気がする)のですが、そのときの魚のおいしそうなことといったら、東海林さだおも「くぅーっ」って言って泣き出すほどです。


続いて3章なのですが、これが覚えてないんです。
なんだかんだで冒険から無事帰ってきたとは思うのですが、覚えてないのです。
そんな「ながいながいペンギンの話」。
夢中になって読みましたね。小学校6年間で何度も読み返しました。オスの2羽兄弟というのも、僕らも年子の兄弟なので、兄としてフムフムなんて思うところもありましたね。


今日はそんな話でした!

拍手返事

ごはんに塩は赤飯っぽくなるから好き。レンジでチンするタイプのパックのごはんだとなお良い。

→おー、やってみます!おいしそう。

 

・美味しいし1000円で食べ放題なの有能すぎ

→食肉センター、いいですよね。ただ、つい食べ過ぎて歩けなくなるのは事案です。久しぶりにレバー食べたかった……

 

・遅くなったけど、おめでとお

→こちらも遅くなりましたが、ありがとお!10周年にはオフ会ができるくらいのアクセス数になっていればいいなあ……やらないけど。

 

・バーというと銀座のルパンとか行きたいけど、勇気が出ないなオレ(バル関係ねーな)

→GI☆N☆ZA☆とか……いや、それ、怖い……

 

・命綱みたいなのが無いとこのボルダリングだと利用する前にここで怪我とか死亡されても店側は一切責任は負いませんけどいいですか?みたいな契約書書かされるのがくっそ怖かった。女の子のお尻を下から眺めるのたのしい。

→やらないでもお尻を見てるだけで楽しいですね。ちょっと契約書書いてくる。

 

・何かを褒める時にセットで何かを貶すのってクソだと思います。その点、誰も傷つけずに笑いを取れるヒカキンってすごいです。見習ってください。

→ごもっともです。反省してます。僕のようにクソでダニの餌にもならないような人間は、ああいう書き方しかできなかったんです。今後は気をつけます。その点ヒカキンはすごいですよね。漢字にすると非課金。……エンターテイナーの鑑ですよね。

 

・私も文理選択で死にました 悔いのない人生の選択をしていきたいものです

 →選択する前に二者面談とかしてくれればよかったのに、と人のせいにするっていう。

 

・ラブラドールじゃないのか

→バター犬には興味ないです。

 

・会話が弾む職場と言うのはうらやましい

→人間関係が良好なのが唯一の取り柄です。あとは基本ブラックです。

 

・あっ分かる、自律神経が自律神経狂わすみたいなループ状態糞すぎ

→明日、先生と交渉して最低でも頓服用でなにかしら薬をもらいにいきます。じゃないとしんどすぎてヤヴァイです。

 

・シロデココの者ですが、自分なりに誰でも気軽に観れるように気を配っていたはずが、怖いと思われるとは...まさかの想定外

→いや、なんていうか、僕がファンタジーに苦手意識を持っていたせいで、敬遠していただけで、いまではかわいさにやられています。なんで怖かったのかは自分でも説明できません……

 

・文学フリマ、そんなに異質な空間でもねーから大丈夫だよ。

ただ、私はもう出展しないけどなw

→そうですか……ならいいんですけど……1パーセントもわからないので、いまはただただ怖いです。

 

・なぜか後輩が男の前提で読んでた

ノンケのはずなのに

→ここはホモサイトじゃありません!!

 

・今更な話かもしれませんがハンネの由来ってビリー・ホリデイですか?

→そうです!……カッコいいのでそういうことにしたいのですが、実際は筋肉少女帯の曲で『ビッキー・ホリディの唄』ってのがあるんですよ。その曲が大好きで、そのまんま拝借しました。