クリスマスの予定を考えよう!

「アンチ・クライスト」と「アナーキスト」で韻を踏むセックス・ピストルズが好きな僕ですが、今日はクリスマスについて書いていこうと思います。
ビッキー・ホリディです。


来月のシフト表を見たら、なんとクリスマスがお休みじゃないですか!もうやだ、副主任!大好き!
これはもう、デートへ行くしかない!むしろ副主任と行きたいくらいですが、僕はペタジーニではないので、逆加藤茶みたいな様相を呈するので、別の人と行くことにします。
というわけで、クリスマスデートについて今日は書こうと思います。え、相手?そんなもんあとで考えりゃいいんだよ!


クリスマスは聖夜とも言われるくらいなので、やっぱり夜にデートしたいですね。昼間集合の夕方解散とか、高校生のデートなんかした日にゃ、サンタの服が赤い理由が違って思えますからね。
街はイルミネーションに彩られてますので、ふらふらと歩いているだけでも楽しいですね。「君の笑顔が一番のイルミネーションさ」とか、歯の浮くようなセリフとか言っちゃったり!?きゃー!やーだー!もう!(←足も浮いてる)
まあ、さすがに歩きづめでは大変ですからね。夜はまだまだこれからなんですし。疲れちゃったから今日はナシ!なんて、残業終わりの夫じゃあるまいし言えないですからね。
なので、せっかくのクリスマスですから、それらしく教会に行きたいですね。クリスマスの夜は、クリスチャンじゃなくても大丈夫らしいですから。ミサに参加しちゃったりして。




ミサ。




あ、間違えました。いまのはミサでも黒ミサのほうでした。
で、ミサを終えてからはディナーですよ。二人でビーフストロガノフを食べたいですね。ワインでも飲みながら。
そのあとはバーへ寄って、飲み直じゃなかった、聖夜をカクテルで祝う感じで。
あとはプレゼントですね。中途採用なのでボーナスが出ないだろう僕にとっては非常にナイーブな問題です。
指輪とかネックレスとかだとちょっと重いですよね。そこまで重くなく、かつ適度にそれらしいものと言ったらなんでしょうね。


自作のポエムでしょうか。
それは重い・軽いというよりは浅いよ!
ううん、まあ、プレゼントは人によって違ってきますからね。たとえば僕の愛しの七咲逢ちゃんにあげるとすればなんでしょうね。


逢ちゃん。


\世界一かわいいよ!!/
……じゃなくて、プレゼントです。プレゼント。
なんでしょう。なんなら実印あげてもいいくらいなんですけどね。
逢ちゃんが喜びそうなもの……


僕自身、とか?


きゃー!やーだー!もう!(←枕を抱きしめて転がりながら

拍手返事

ごはんに塩は赤飯っぽくなるから好き。レンジでチンするタイプのパックのごはんだとなお良い。

→おー、やってみます!おいしそう。

 

・美味しいし1000円で食べ放題なの有能すぎ

→食肉センター、いいですよね。ただ、つい食べ過ぎて歩けなくなるのは事案です。久しぶりにレバー食べたかった……

 

・遅くなったけど、おめでとお

→こちらも遅くなりましたが、ありがとお!10周年にはオフ会ができるくらいのアクセス数になっていればいいなあ……やらないけど。

 

・バーというと銀座のルパンとか行きたいけど、勇気が出ないなオレ(バル関係ねーな)

→GI☆N☆ZA☆とか……いや、それ、怖い……

 

・命綱みたいなのが無いとこのボルダリングだと利用する前にここで怪我とか死亡されても店側は一切責任は負いませんけどいいですか?みたいな契約書書かされるのがくっそ怖かった。女の子のお尻を下から眺めるのたのしい。

→やらないでもお尻を見てるだけで楽しいですね。ちょっと契約書書いてくる。

 

・何かを褒める時にセットで何かを貶すのってクソだと思います。その点、誰も傷つけずに笑いを取れるヒカキンってすごいです。見習ってください。

→ごもっともです。反省してます。僕のようにクソでダニの餌にもならないような人間は、ああいう書き方しかできなかったんです。今後は気をつけます。その点ヒカキンはすごいですよね。漢字にすると非課金。……エンターテイナーの鑑ですよね。

 

・私も文理選択で死にました 悔いのない人生の選択をしていきたいものです

 →選択する前に二者面談とかしてくれればよかったのに、と人のせいにするっていう。

 

・ラブラドールじゃないのか

→バター犬には興味ないです。

 

・会話が弾む職場と言うのはうらやましい

→人間関係が良好なのが唯一の取り柄です。あとは基本ブラックです。

 

・あっ分かる、自律神経が自律神経狂わすみたいなループ状態糞すぎ

→明日、先生と交渉して最低でも頓服用でなにかしら薬をもらいにいきます。じゃないとしんどすぎてヤヴァイです。

 

・シロデココの者ですが、自分なりに誰でも気軽に観れるように気を配っていたはずが、怖いと思われるとは...まさかの想定外

→いや、なんていうか、僕がファンタジーに苦手意識を持っていたせいで、敬遠していただけで、いまではかわいさにやられています。なんで怖かったのかは自分でも説明できません……

 

・文学フリマ、そんなに異質な空間でもねーから大丈夫だよ。

ただ、私はもう出展しないけどなw

→そうですか……ならいいんですけど……1パーセントもわからないので、いまはただただ怖いです。

 

・なぜか後輩が男の前提で読んでた

ノンケのはずなのに

→ここはホモサイトじゃありません!!

 

・今更な話かもしれませんがハンネの由来ってビリー・ホリデイですか?

→そうです!……カッコいいのでそういうことにしたいのですが、実際は筋肉少女帯の曲で『ビッキー・ホリディの唄』ってのがあるんですよ。その曲が大好きで、そのまんま拝借しました。